亜鉛サプリメントの副作用に注意!亜鉛不足と過剰摂取の症状とは?

最近、亜鉛不足の対策の為にサプリメントを使用する人が増えています。サプリメントは不足しがちな栄養素を簡単に補給出来て便利ですが、ちゃんと使用量を守らないと過剰摂取の副作用で逆効果なので注意が必要です。

今回の記事では亜鉛の摂取による症状について調べてみましたので、興味がある方は良かったら参考にしてみて下さい。

1日に必要な亜鉛の摂取量は?

一般的に1日の亜鉛の必要摂取量は7mgと言われて、厚生労働省によると3~15mgにせよとされています。

亜鉛の1日に必要な摂取量は性別年齢によって異なります。性別的には男性の方が女性より必要摂取量は多く、年齢は子供<青年<大人と必要量が増加して成人後は一定になります。

日本の成人男性と成人女性の亜鉛の摂取量目安は、下記の表で紹介している通りです。

【亜鉛の摂取量目安】

性別 1日の平均必要量 推奨量 上限量
男性 8mg 9mg 30mg
女性 6mg 7mg 30mg

 

亜鉛サプリメント1粒に含まれる亜鉛の量は、大体10~15mgなので1日1粒までに止めておかなければいけません。

ちなみに、1日に100mg以上の亜鉛を摂取してしまうと、健康に問題が起きる可能性がかなり大きくなるそうです。亜鉛が健康に良いと言っても取り過ぎには注意するようにしましょう。

 

亜鉛の過剰摂取の副作用について

亜鉛の1日の上限量である30mgを超える量の摂取を続けると、体の免疫力が低下して様々な副作用を引き起こしてしまいます。

【亜鉛過剰摂取の副作用】

  • がん細胞の発生
  • 腹痛,下痢,嘔吐
  • 発熱,貧血,目まい
  • 肌荒れ,抜け毛の増加

 

代表的な症状を紹介しましたがまだまだ危険な副作用はあるようです。くれぐれも亜鉛の過剰摂取には注意して下さい。

と言っても、サプリメントを正しい容量で使用していれば、亜鉛の過剰摂取になる事はほぼないようですので、特に食べ物に神経質になる必要はないみたいですよ。

亜鉛不足について

先ほどサプリメントの注意していれば過剰摂取にならないと言いましたが、逆に言いますと過剰摂取よりも亜鉛不足にならないように注意しないといけません。

亜鉛不足になりやすい原因としては、加工食品や精製された穀類ばかり食べてしまうなど、食事の栄養バランスの乱れである場合がほとんどです。

【亜鉛不足の症状】

  • 味覚障害
  • 皮膚炎,発疹,口内炎
  • 肌荒れ,にきび,脱毛
  • 性機能の低下
  • 発育不全,成長障害(子供の場合)

 

亜鉛が多く含まれる食品はお肉や魚介類など動物性タンパク質を含むものです。それ以外にも、納豆,ごま,アーモンド,カシューナッツなど豆類にも多く含まれています。

なので、もし亜鉛不足の自覚症状があるのならば、上記の食材をきちんと摂取するように食生活を改善しましょう。

あと、食事だけでなくサプリメントを上手く活用するのも有効です。サプリメントは過剰摂取にさえ気を付ければ、栄養補給にとても役に立つので上手く利用してみましょう。

最後に

よくお肉を食べないと大きくなれないと言いますが、あれは動物性タンパク質から亜鉛を摂取する事が大切だからだそうですよ。ただ、お肉だけでは体に悪いので結局バランスが重要ですが…。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP