湯たんぽの安全な使い方とは?正しい温度と使用法で低温やけど対策!

湯たんぽは電気代0でとてもエコな防寒対策なのですが、年々湯たんぽにによる低温やけどの事故が増えているようです。そうならない為にも正しい使用法を知っておく必要がありますね。

この記事では湯たんぽの使い方について調べた事を紹介しているので、もし良かったら参考にしてみて下さい。

湯たんぽの正しい使用法

まず、湯たんぽに入れるお湯についてですが、ポリ湯たんぽは約80℃以下、ゴム湯たんぽは約70℃以下で、キャップの口元までいっぱいに入れて下さい。

お湯が少ないと内部の気圧変化によって、形が変形したりふたが開かなくなるので注意が必要です。

お湯を入れたらカバーや厚手のタオルで覆って使用します。これを行う事で低温やけどするまでの時間を引き延ばせます。(※やけどまでの時間の目安は下記にあります)

【湯たんぽの正しい使い方の解説動画】

低温やけどについて

低温やけどは肌に心地よいと思う温度(体温より少し上くらい)でも、同じ肌に長い間ずっと接触している事が原因で起きるやけどです。なので、寝ている時に湯たんぽを使っている人に低温やけどが多いです。

低温やけどは皮膚の深いところまで達する事があるので、万が一なってしまったらすぐに病院(皮膚科)に行きましょう。

【やけどまでの時間の目安】

温度 時間の目安
44℃ 3~4時間
46℃ 30~60分
50℃ 2~3分

湯たんぽで低温やけどにならない為に!

就寝時に使用するのではなく寝る前に使用するようにしましょう。あらかじめ布団に入れておくだけでも十分に暖かくなります。

それでも、どうしても寝ながら使用したい人は、湯たんぽを布団の中でも肌に当たらない位置に置いたり、カバーやタオルを2重にするなどして対策しましょう。

【特にこんな人は注意!】

  • 幼い子供,老人
  • 就寝前に眠気を誘う薬を服用している方
  • 飲酒をしたり,激しい疲労がたまっている方
  • 皮膚が弱い方,体が不自由な方

最後に

湯たんぽによる低温やけどは寝ている時は何も感じず、朝起きてから初めて気が付く人が多いようです。睡眠時の湯たんぽの使用は要注意ですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役にたてたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP