役不足と役者不足の意味の間違い注意!力不足と勘違いしてませんか?

「お前では役不足だ!出直してこい!」なんてセリフをたまにマンガで見かける事がありますが、実はそれは正しい使い方ではありません。

『役不足』には『役者不足』や『力不足』など類義語があって紛らわしい為、単語の意味が曖昧になってしまっている方が意外と多いです。

なので、それぞれの意味を調べてわかりやすくまとめてみました。『役不足』の言葉の意味が曖昧だった方は良かったら参考にしてみて下さい。ちなみに上記のセリフの場面では『力不足』が適切です。

『役不足』『役者不足』『力不足』の正しい意味

◆『役不足』の意味

  • 俳優などが割り当てられた役に不満を抱くこと。
  • 力量に比べて、役目が不相応に軽いこと。また、そのさま。

『役不足』とは、自分に与えられた役が簡単で不満だと感じた際に「こんなの自分には役不足だよ。」と使うのが正しい使い方です。

よく、与えられた役割が自分には重すぎると感じた際に、「私なんかでは役不足です。」と使用される事がありますが、それはよくある誤用ですので、注意しましょう。

 

◆『役者不足』の意味

  • 広辞苑に乗っていない造語。
  • 『役不足』の誤用の意味でよく使用される。

『役不足』の誤用の意味で使われる事が多いですが、この言葉にそのような意味はありません。正しい意味は、役者が不足しているとそのままの意味です。

 

◆『力不足』の意味

  • 与えられた役目を果たすだけの力量がないこと。

『力不足』は与えられた役割に対して、自分では負担が重過ぎると感じた際に使うのが正しい使い方です。つまり、『役不足』と『役者不足』で誤用されている意味になりますね。

ちなみに、『力不足』よりも『役不足』と『役者不足』の方が言い回しとしてカッコいいので、後者の2つの言葉が『力不足』の意味として使用されるようになったのではないかという説があるそうです。

『役不足』の正しい使い方と間違った使い方

上記の説明だけだと分かりづらいかもしれませんので、『役不足』の正しい使い方と間違っている使い方を簡単に紹介します。

【設定】
Aさん:ベテラン役者
Bさん:見習い役者

 

◆『役不足』の正しい使い方

役が通行人1だとAさんに伝えたら…
Aさん:「こんな役なんかじゃ俺には役不足だ!」

ベテラン役者のAさんにとって通行人1なんてどうでもいい役は、全くAさんの能力に見合っていませんよね。

『役不足』は役が自分にとって不相応に軽い時に使う言葉なので、このケースだと正しい意味で使われているのが分かります。『役不足』とは役に不足ではなく役が不足ということなんです。

 

◆『役不足』の間違った使い方

役が主役だとBさんに伝えたら…
Bさん:「主役なんて私では役不足ですよ。汗」

見習い役者のBさんは自分にとって役が重過ぎると感じて、『役不足』だと言いましたが、これだと意味が違いますね。

正しい意味で解釈してしまうと、「主役なんかでは私は物足りない。」と言っているようなものなんです。このようなケースの場合は『力不足』を使用するようにしましょう。

最後に

日本語って似たような言葉が沢山あるので、本当にややこしいですよね。英語を勉強するよりも、もっと日本語の学習時間を増やした方がいいと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役にたてたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP