厄年とはどんな意味?男女それぞれの年齢と厄払いの必要性を確認!

誰にでも一生に数回は訪れる厄年。その年は病気や天災などの被害にあいやすいので、注意しないといけないとよく言われています。

では、何で良くないことが起こると言われているんでしょう?気になったので男女それぞれの厄がある年齢や厄払いなど厄年に関することを色々と調べてみました。

厄年の由来って何?

厄年の由来は平安時代に広まった陰陽道と言われています。陰陽道は方位や日時などから吉や凶を判断して、災いにあいやすい時期を判断していました。

そして現在の年齢による厄年が定着したのは、江戸時代からとされています。

厄年は地方などによって考え方が異なりますが、一般的に今の厄年と判断される年齢は、地位や役割の移り変わりの時期の年齢という考えが多いようです。

例えば…(※昔の基準ですよ)
男性の厄年(25歳):男性は仕事盛りの時期
女性の厄年(19歳):結婚や出産をする時期

男女それぞれの厄年の年齢はいつ?

◆男性の厄年
4歳、13歳、15歳、25歳、42歳、61歳

◆女性の厄年
4歳、13歳、19歳、33歳、37歳、61歳

◆共通の厄年
1歳、3歳、5歳、7歳、10歳、13歳、24歳、28歳、46歳、49歳、52歳、55歳、
60歳、64歳、70歳、73歳、77歳、82歳、85歳、88歳、91歳、96歳

厄年は上記の男女の年齢が一般的ですが、実は、それ以外にも男女共通の厄年もあるようです。ものすごく多いですよね…。

 

あと、特に災いにあいやすい大厄という年があって、男性は42歳(死に)、女性は33歳(散々)に注意が必要なようです。ちなみに、大厄の前の年を前厄、大厄の年を本厄、大役の翌年を後厄と言います。

※注意
上記で厄年の年齢について紹介しましたが、その年齢を数え年にするか満年齢にするかで若干違いがあります。場所によって数え方が異なるので神社やお寺で実際に聞いてみると確実ですよ。

厄年には厄払いをした方が良いの?

これはあなたの判断次第です。厄年があると信じるならお払いをしてもらって、どうでもいいのなら特に何も気にしなくても良いと思います。

ただ、地域によって年が違ったり多すぎる厄年などから考えても厄年が危険だと科学的な根拠があるわけではないです。

しかし、これをどう受け止めるかはあなた次第。厄年に対してどうしても不安を感じるのならば、厄払いをして精神的に安心を得るのは良い事だと思います。

厄払いの値段は神社やお寺によって異なりますが、大体5,000~10,000円でやってもらえるようですよ。

最後に

個人的には厄年は気にしなくていいじゃないかと思ってます。多分、逆に厄年だからといって変に意識してしまうと嫌なことに敏感になりすぎてしまいますよ。

なので、特に深く考えず「今年も楽しく過ごそう!」が一番です。嫌なことよりも楽しいこと考えて生きてた方がきっと楽しいと思います。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP