ウォーキングって効果あるの?ないの?調べてみた

ダイエットや身近な健康法というと、ウォーキングを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?ウォーキングはこれといって費用もかからず、他の有酸素運動に比べて筋肉や関節への負担が少ないため、どんな方にでも手軽に始められて運動不足の解消になり、毎日の健康維持にもってこいの運動です。
そこで、気になるウォーキングの効果についてご紹介していきます。

ウォーキングの効果

心肺機能を高めることができる

景色ウォーキングによって心拍数が上がり、必然的に体内へ酸素を取り込む能力が増加します。その効果により、心肺機能を高めることができて、持久力も高まり、日常の階段の昇り降りなんかも楽にできるようになり、息切れしたりばてたりしにくくなります

骨を強くすることができる

ウォーキングにより骨に刺激が与えられます。骨はカルシウムの摂取だけではなく、刺激を与えることにより強くなるという効果があります。

血行が良くなる

ウォーキングによって血管が刺激されて、血行を良くすることができます。血液の流れが良くなり、毛細血管も発達させることができます。その効果によって、冷え性の改善にも繋がります。

ストレス解消できる

適度な運動はストレス解消に向いています。血行が良くなることにより脳が刺激されて自律神経のバランスがよくなるのです。ウォーキングをしながら四季を感じたり、周りの景色を楽しみながら、気分転換することができます。習慣化すると、心身のリフレッシュに繋がります。

効果的なウォーキングの方法

ウォーキングで思うように体重が減らないため、モチベーションがいつの間にか続けられなくなってしまう方も多いのではないでしょうか?ここでは、ただ歩くだけではなく効果的なウォーキングの方法をご紹介します。

ウォーキングの前後にストレッチをする

始める前には心臓から遠い足や腕からゆっくりウォーミングアップをします。10分くらいかけると良いでしょう。筋肉をゆっくりと伸ばすことを意識しましょう。ウォーキング後には、次の日に疲れを残さないように、ストレッチをしてきちんとケアしましょう。

姿勢に気をつける

背筋を伸ばして1歩1歩かかとから着地しましょう。そして、つま先で地面を蹴るように歩きましょう。また、歩幅を普段より大きく広げて腕を振り、腰をすこしひねるようにして早足で歩きましょうウォーキングの効果的な速度は少し息がはずむくらいだと言われています。

歩く時間を計る

目安は1週間に3時間半以上です。1週間に1度「歩き溜め」というのは肥満解消には効果が少ないので、できれば3日以上あけないのが理想です。また、有酸素運動によって脂肪が燃焼し始めるのは運動開始から20分以降と言われていますので、歩き始めた時間を確認して目安にしましょう。

いかがでしょうか?これらのウォーキング方法を意識して、毎日の健康維持に役立てて下さいね。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP