ベジタリアンが菜食主義の理由とは?食肉産業の知られていない真実

ベジタリアンが肉を食べない理由をご存知ですか?よく考えられるのは宗教的な理由(動物愛護など)や健康面の理由なのですが、それ以外にもベジタリアンが大切にしている事があるようです。

その理由は一般の人(肉食)でも知っておくのは大切だと感じたので、ベジタリアンが菜食主義の理由で調べた事を記事でまとめてみました。

地球の環境を守るため

◆水の消費をおさえる
500gのお肉を生産するのに5000ℓの水が使用されています。5000ℓは一般家庭の1ヶ月の水の消費量と同じくらいです。

これは、家畜用の穀物生産や家畜を育てるのに使う量なので、屠殺後の生産や調理の水は含まれていない為、実際はもっと多くの水が使用されています。

なので、肉食はとても効率が悪い食事であると考えられています。ちなみに小麦粉500gに必要な水は95ℓですむようです。

 

◆砂漠化を防ぐ
過去の40年間で南米の熱帯雨林の40%(約1億4,000万㎡)が、家畜の穀物生産の為に切り開かれました。

今でも1秒間でテニスコート20面分の森林が消滅しているようです。そして、穀物の全生産量の70~80%が家畜の為に使用されています。なので、大量の自然を犠牲にしてまで肉食をする必要があるかと疑問視されています。

 

◆地球温暖化対策
現在の地球温暖化の原因の80%が家畜のせいだと言われています。牛などの反芻動物はゲップと一緒に温室効果ガス(メタンガス)を排出しますが、そのガスは二酸化炭素の20倍の温室効果があります。

国連のレポートによると、食肉産業から排出される地球温暖化ガスは、世界中の自動車や飛行機などが排出するガスの総量より多いようです。

なので、植林やエコ活動などを行う前に、肉の生産を減らすべきだという声もあがっています。ちなみに、肉食を50%減らすと二酸化炭素を20%減らせるようです。

飢餓問題のため

飢餓は日本ではあまり日常的に感じる問題ではありませんが、世界では1日に約10万人が餓死しています。

ちなみに今世界では年間19億トンの穀物が生産されています。これは、世界の人口が必要とするの2倍の量の穀物です。餓死する人がいるのは世界に食料が足りないわけではありません。

 

では何で食糧不足が起きてしまうんでしょうか?それは、家畜が生産された穀物の6割を食べているからです。1人分のお肉は6人分の穀物を消費して生産されると言われています。

現在は、世界の富んでいる2割の国が8割の穀物を独占して、貧しい8割の国が2割の穀物を分け合っている状況です。

家畜を腹いっぱいに食べさせて太らせる食糧があるのに一方で餓死をしてしまう程に飢えている人がいるのが現実です。なので、そのような現状を嘆いて活動されているベジタリアンの方も多いようです。

最後に

当ブログ管理人はベジタリアンでもなければ、肉食が絶対にダメだと否定しているわけではありません。普通にお肉大好きです。

ただ最近あまりにも食べ物を粗末にする人が多いので、このような事に触れてみました。気分を悪くされたら申し訳ありません。

しかし、モノの価値観や捉え方は人それぞれなので、周りの意見は関係なく自分なりの考えを持っていれば良いと思います。それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP