爪切りを夜にするのは縁起悪い?親の死に目や蛇の言い伝えについて

日本には夜に爪をきると良くないという言い伝えがあります。子供の頃に親に言われて育った人も多いのではないでしょうか?

有名なのが「親の死に目に会えない」という言い伝えですが、何でそのように言われているのか気になりますよね。夜の爪切りに関する言い伝えについて調べてみました。

夜に爪を切ると縁起が悪いの?

何で夜に爪を切るのが縁起が悪いと思われるようになったかというと、昔の人が夜に爪切りをさせない為に作った迷信が原因です。

昔は今みたいに電気がなく夜になると部屋が暗いので、夜中に爪切りをすると切った爪が床に散らかりやすいです。なので、爪を踏んで痛い思いをするのを嫌ったのではないかと言われています。

子供に伝える為に怖い迷信を考えて、夜に爪切りをするのは悪い事と認識させるようにしていたようです。それで有名な言い伝えが『親の死に目に会えない』です。

あと、明かりがないので夜に爪切りをしてしまうと深爪をしやすく、それを嫌っていたなど他にも様々な説があるみたいですよ。

『親の死に目に会えない』の真意について

親の死に目に会えない』は言葉の意味通り、親が亡くなる場に居合わせられなくなる事だと思われていますが、実はそれ以外にも違った解釈があります。

『夜に爪を切ると親の死に目に会えない』の解釈
『夜に爪』→『よづめ』→『世詰め』

つまり、これがどのような解釈かというと、自分の人生を短くしてしまうので、親より早く亡くなってしまう。結果、親より早く亡くなるから親の死に目に会えないという意味のようです。

蛇の言い伝えについて

『夜に爪切りをすると蛇が来る』という言い伝えもあるようですが、これは、あの有名な口笛の言い伝えからきていると思われます。恐らく、同じ夜だったのでごちゃ混ぜになったのではないでしょうか?

ちなみに、『夜に口笛を吹くと蛇が来る』の言い伝えも、子供にいけない事だと伝える迷信です。

昔の夜に吹く口笛は人買いの合図だったので、人買いを蛇に例えて子供に伝えていたようですよ。なので、この言い伝えは今なら特に気にする必要はありませんね。

最後に

私は祖父によく「マクラを踏んだら足が腐る」と言われていたので、小さい頃はすっかり信じ込んでいました。今になって考えるとありえない事なのですが^_^;

日本人は言葉遊びが好きなので色々な迷信がありますよね。調べてみると聞いた事がないようなものもあるので意外と面白いですよ。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP