歯磨きで吐き気がするのは病気なの?吐き気の原因・対策法について

歯磨きをしているとよく「オエッ」とえずいてしまう。吐き気のせいで歯磨きをするのが辛いと感じる人もいますが、これって病気が原因なのでしょうか?

今回の記事では歯磨きの吐き気について調べてみみたので、気になる方は良かったら参考にしてみて下さい。

何で歯磨きで吐き気を感じてしまうの?

歯磨きをしているのに吐き気がするのは嘔吐反射があるからです。嘔吐反射とは下の奥に異物を入れるとに吐き気を催すしくみの事です。指を喉の奥に入れると「オエッ」となるあの感覚ですね。

嘔吐反射が強い人は歯磨きでブラシが奥に達していなくても、この生体反応を起こして吐き気を催してしまう事があります。

生まれつき嘔吐反射が強い人,弱い人といるのですが、嘔吐反射はクセになりやすいものなので、くり返していると反応が強くなるので注意が必要です。

歯磨きでの吐き気の対策

◆歯ブラシを変える
歯ブラシのヘッドがなるべく小さ目のものにするとある程度ですが嘔吐反射を感じにくくなります。それと、舌に歯ブラシが当たらないように意識してみましょう。

◆歯磨き粉を変える
歯磨き粉が原因で吐き気を感じてしまう人は意外と多いです。香料が強い歯磨き粉は嘔吐反射を起こしやすいので、なるべく刺激の弱い歯磨き粉を使用しましょう。

◆喫煙を控える
タバコに含まれているニコチンには催吐作用があり、喫煙者は喉が過敏状態になっているので吐き気を催しやすいです。実際に喫煙後歯磨きでの吐き気が治ったという人も多いようですよ。

病気が原因の場合

歯磨き中の吐き気は基本的に嘔吐反射が原因なのですが、実は病気によって吐き気を引き起こしているケースもあります。

肝臓や胃が悪い人が歯磨き中に吐き気を感じやすい傾向があるようなので、もし健康診断などで何か指摘されている場合は、念のために改めて検査を受けてみるといいかもしれません。

ただ、歯磨きで吐き気がするとしても必ず病気だというわけではないので、普段の自分の体の調子を見てから病院に相談するかどうか判断して下さいね。

【吐き気を感じやすい病気】

  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 胃がん
  • 流動性食道炎

最後に

私も小さい頃に歯磨きでの吐き気に悩まされていたのですが、歯磨き粉を使わない事でその悩みは解決しました。なので、個人的にはまず歯磨き粉を変えてみるのをオススメします。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP