静電気体質の原因って何?静電気の仕組みや除去方法など対策メモ

空気が乾燥する時期になると、「パチッ」と静電気で悩まされている方は意外と多いです。私の祖母もこの現象に毎年悩まされていますが、見ていると本当に辛そうです。

「静電気体質だからしょうがない。」とよく聞きますが、本当にそうなのでしょうか?気になったので、静電気の原因や仕組み,除去方法など対策を調べてみました。この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いです。

静電気の仕組み

地上の物質は「+」と「-」の電気で構成されているのですが、普段は両方のバランスが保たれて安定している状態になっています。

ですが、物質を動かすことによって摩擦が加わると、マイナスの電気が剥がれてしまいプラスの電気が多く残る状態になります。この状態を帯電状態といいますが、これがあの「バチッ」を引き起こす原因なんです。

 

帯電状態の時に電気を通しやすい物質に触れると、プラス電気は、電気を通しやすくする乾燥した空気を利用して、失ったマイナス電気と結合しようとします。

その結合の瞬間に発生する電気の放電が静電気の正体です。冬によく静電気が発生するのは、空気が乾燥しやすいからだったんですね。

もし、私の文章では分かりにくかった方は、静電気の仕組みについての動画も紹介しておきますので、良かったら参考にどうぞ。

静電気体質の原因とは

どうのような人が静電気の「バチッ」という感覚を感じやすいかというと、一般的に自然放電が出来ない人と言われています。

そして、逆に静電気をあまり感じない人は、電気を通しやすい物質に触れる前に、すでに自分の体で自然放電をしています。

つまり、静電気体質の原因は自然発電が出来ない事なのですが、その出来ない理由が気になりますよね。なので、これから自然発電が出来ない人の特徴を紹介していきます。

【自然発電が出来ない人の特徴】

  • 肩こり,冷え性,腰痛などの症状に悩まされている
  • 膝,足首など関節の痛みを感じている
  • 体内の血液がドロドロになっている

冷え性や関節の痛みなどは運動不足の方に多くみられる症状で、基礎代謝が低く、低体温の人に多くみられます。

そして、これらの症状は生活の乱れや睡眠時間の減少が関係していて、この状態が続くと体内の血液がドロドロになっていきます。

すると、体内のイオンのバランスが乱れてしまうのですが、それによって体内の電気バランスが崩れて、体内のプラス電気がマイナス電気を呼び寄せる発電体質になってしまうのです。

静電気への対策

【部屋の温度と湿度に気を使う】
静電気が起きやすい環境は、湿度20%以下,温度20℃以下
なので、この環境を整えないように加湿器や温度調節器を使うといいかもしれません。

 

【マイナスイオンを摂取する】
体内のイオンの乱れを防ぐのにマイナスイオンの摂取が大切なようです。

  • ミネラルウォーターを飲む
  • 鍋を食べる(鍋が沸騰した時にでる湯気や蒸気にはマイナスイオンが含まれる)
  • シャワーを浴びる(水が皮膚に当たってはじけた瞬間にマイナスイオンが発生)
  • 滝、噴水のそばへ行く(滝や噴水など、水しぶきのそばにマイナスイオンは発生)

などの方法でマイナスイオンを摂取する事が出来ます。

 

【服の組み合わせに注意する】
静電気を抑える為には衣類の組み合わせに気をつける事も大切です。着る服を選ぶ際は、プラスとマイナスの差が小さい組み合わせにしましょう。下記に人体を中心にプラス,マイナスの素材を並べてみました。

(+) 毛皮>ガラス>ウール>ナイロン>絹>レーヨン>木面>麻>皮膚(人体)<アセテート<ビニロン<ポリエステル<アクリル<ポリウレタン<ポリエチレン<塩化ビニール (-)

より、素材のプラスとマイナスの差が近いほど静電気が起きにくくなります。

【あらかじめ放電させておく】これは対策というより、一時的に「バチッ」となるのを回避する方法です。金属などに触れる前に下記のものに触れてあらかじめ放電しておきます。

  • コンクリ
  • レンガ

これを行う事によって、静電気で痛い思いをするのを回避する事が出来るそうです。ですが、これはあくまで気休めていどに受け止めておいて下さいね。

最後に

静電気体質ってまだまだ解明されていない事が多いようですね。一応、信頼出来そうなサイトの情報を参考にしたつもりですが、もしかしたら間違っているなんて事もあるかもしれません。

なので、この記事の情報だけを鵜呑みにしないで、本や参考書などで色々と調べてみるのがオススメですよ。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP