反り腰を改善して腰痛を対策しよう!治す方法と症状をチェック!

自分では姿勢はいい方だと思うのに、長時間立っていいたり座っていると腰が痛くなってくる…。その悩みはもしかしたら反り腰が原因かもしれません。

良い姿勢を維持しようとして頑張っても、実はそれが逆効果になっている人が多いようです。もし思い当たりがあるようなら反り腰について少し確認してみましょう。

反り腰の症状をチェック

腰は元々S字に軽く反った形になっているのですが、反り腰は体の軸の歪みによってその反りが過剰になった状態です。胸を大きく前に張ってお尻が後ろに突き出した格好になります。

現在、運動の有無関係なく小学生から高齢者まで、幅広い年代で反り腰の人が増加しているようです。

下記に反り腰の症状についてまとめてみたので、自分が当てはまるかどうか確認してみて下さい。もし、当てはまる症状が多いなら反り腰の可能性があります。

【反り腰の症状】

  • 仰向けで寝にくい。仰向けになると腰が少し浮く
  • 壁に背中をくっつけると隙間が空く。(グー拳が入ると危険)
  • 痩せているのにお腹が出ている。
  • 猫背が気になっている。
  • 耳の位置より肩の位置が前に出ている。
  • 足が痺れて痛くなる事が多い。
  • 慢性的な腰痛や肩と首のコリがある。

反り腰の影響について

反り腰になると腰の部分の骨がカーブしているので、その分カーブに重心がかかって腰に負担がかかって骨が歪み結果的に慢性的な腰痛を引き起こします。

ギックリ腰のように急に痛くなるわけではなく、症状が悪化するにつれ徐々に痛みが強くなっていきます。

他にも骨が歪んでしまう事が原因で、下半身の関節痛やむくみに肩や首がコリやすくなったりなど、他にも様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

反り腰を治すには?

反り腰は体幹の筋力不足や姿勢の悪さが原因なので、筋トレやストレッチ普段の姿勢の矯正か必要です。

反り腰を改善する為のエクササイズは動画を紹介しておきますね。動画を見ると分かりますがインナーマッスルを鍛える事が重要です。2つの動画はなるべく軽めなヨガのエクササイズを選んでみました。

 

◆『腰痛反り腰改善 インナーマッスル 骨盤 ヨガピラティス 簡単な方法 ゆがみチェック ポイント』

 

◆『反り腰をケア=やさしいヨガ』

 

あと普段家で座って過ごす事が多いのなら、この様なサポートアイテムを使うのもオススメですよ。

 

【姿勢の改善について】
普段から腰を反らしすぎないように意識するのも大切ですが、早く反り腰を改善したいのなら寝る時の体制を意識するのも重要です。

反り腰の場合は仰向けに寝ると隙間が空くので、タオルケットなど何か挟んで隙間を空けないようにしましょう。それで寝ている間にかかる腰の負担を軽減する事が出来ます。

それと、なるべく仰向けになって寝るようにして下さいね。横向きで寝ると片側に体の重心が寄ってしまうので、歪みが生じる原因になるので注意が必要です。

最後に

実は私は自分が反り腰だという事実に最近気が付きました。特に腰が痛いというわけではないのですが、壁に背中をくっつけると隙間が空きまくりです^_^;

そして、少し焦ってクッションなんか買ったりしちゃいました。ちなみに上で紹介したものと全く同じものなのですが、想像よりも意外と座り心地が良かったので驚きです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立ったのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

“反り腰を改善して腰痛を対策しよう!治す方法と症状をチェック!” への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    これでもし自律神経失調症&過敏性腸症候群が治ったら心の底から感謝します。
    そり腰チェックの項目満たしすぎててもしかしたらと…
    神経症にもなるし髪は白髪だらけになるし本当につらい…

コメントを残す

TOP