これで運転・仕事中も大丈夫、眠気覚ましの方法ベスト5!

眠気は、突然やってきます。朝の通勤電車で・運転中に・勉強中にも、突然の眠気に悩む人も多いのではないでしょうか。思わぬときにやってくる、眠気をなんとかしたい!そんなときにおすすめの、眠気覚ましの方法をいくつかご紹介します。勉強や仕事により集中できる、眠気覚ましの方法Best5の紹介です。

#1 大声を出す

眠気声を出すことは、眠気覚ましに非常に効果的です。特に大声で声を出すことは、脳に酸素が送られて、眠気を飛ばす効果があります。職場などでは難しいかもしれませんが、車の運転中のなどに大声で歌うことは眠気覚ましに効果的です。
大声を出せないのなら、少し言葉を発するだけでも効果があります。隣の人とたわいもない世間話をしたり、独り言でスケジュールを確認したり。頭の中だけで考えていると、眠気が脳内に溜まってしまうので、時々声に出して眠気を外に出してみましょう。

#2 冷たい水で顔や手を洗う

ひんやり冷たい水で、顔や手を洗ってみましょう。一時的ではありますが、目がしゃきっと覚めますよ。
女性などで顔を洗えないときは、腕まくりをして肘まで水で洗いましょう。手だけでなく腕までというのがミソで、体の面積のなるべくたくさんを水で冷やしましょう。

#3 ストレッチやラジオ体操で体をほぐす

ラジオ体操ができる場所であれば、思いっきり体を大きく動かして、ラジオ体操をしてみましょう。ラジオ体操というのはよくできていて、体全体をほぐすのに丁度いい運動量になっています。体の酸素が増えて、脳も活性化するので体のリセットに効果的です。

ラジオ体操が難しければ、ストレッチでもいいので行いましょう。体の筋肉をほぐしてあげることも脳に酸素を送ることに繋がりますので、眠気覚ましになります。

#4 頭・首周りをマッサージする

マッサージと聞くと眠ってしまいそうなイメージですが、頭や首周りのツボを刺激することで、眠気を飛ばす効果が期待できます。自分で押してみて痛気持ちいいと感じる場所を押してみましょう。数分でもいいので行うと、目が覚めますよ。頭や首周りのツボには、リフレッシュできる効果がありますので、勉強や仕事の効率アップも期待できます。

#5 冷たい飲み物を飲む

眠たいときは、体が温かくなっていきます。ですので反対に冷たい飲み物を飲むと、反射的に目が覚める仕組みになっています。特におすすめなのは、炭酸
エナジードリンクなども、刺激的でいいですね。コーヒーなどよりは、ジュースや炭酸類がシャキっとしやすくておすすめです。

いかがでしたか?眠気冷ましのポイントは、何かしらの刺激を与えることです。
人は一定時間同じ姿勢でいると、安心して眠たくなる性質を持っています。ですので何かしらの刺激を与えてやることで、体がハッと反応して目が覚めやすくなるのです。お疲れ気味で睡眠不足のときや、仕事や勉強の合間にぜひお試しください。もちろん、眠気対策には睡眠不足の解消も大切ですので、それも忘れないでくださいね。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP