成人の睡眠時間はどれくらいが最適?調べてみた

睡眠時間、なかなか思うようにとれないという人も多いですよね。本当はたっぷり寝ないといけないと分かっていても、仕事が忙しくて眠れないという人もたくさんいるはずです。

現代人は特に睡眠不足の人が増えてきていますし、睡眠不足による健康の被害も気になりますね。では、一体どれくらい寝るのが最適な睡眠時間なのでしょうか?睡眠不足もいけませんが、反対に寝すぎるのも体には悪いような気がします。睡眠時間について、調べてみました。

成人に最適な睡眠時間とは?

睡眠時間最適な睡眠時間とは、住んでいる環境によって違います。活動時間や日照時間が関わってくるようですね

また、世代によっても変わります。当然、成人よりも子供の方がたくさん寝ないといけません。睡眠時には、成長ホルモンが分泌されるので、成人するまでは大人以上に眠る必要があります。

日本で、成人に最適とされる睡眠時間は7~9時間です。

7時間と9時間では大きな差がありますが、これは個人差やそのときの体調次第ということです。最適な睡眠時間内で、その日の自分の体調に合わせて最適な睡眠時間というのは変わります。「今日は9時間寝たほうがいいな」「今日は早めに眠れそうだから、7時間くらいかな」と、自分で調節してみましょう。

最適な睡眠時間を確保できているかはどうやって見分ける?

最適な睡眠時間をきちんととっていれば、人の体は疲れ知らずで毎日健康的に生活を送れます。その判断基準は、こちらです。

  1. 起床時に、スッキリと起きられる
  2. 1日を通して元気よく過ごせる
  3. 昼間眠くならない(食事の後を除く)

この3点をチェックしてみて、どれもクリアしていれば、最適な睡眠時間を確保できている、と言えるでしょう。

睡眠時間は、目安として7~9時間という基準がありますが、これはあくまで基準です。数字にこだわる必要はなく、あなた自身の体調と向き合うところから、正しい睡眠時間の判断をしましょう。例えば7時間寝たからといって、昼間に眠くなっているようでは、睡眠時間が足りないということになります。もう少し睡眠時間を長く持って、朝もスッキリ起きられるように心がける必要があります。

大切なのは、脳を休ませる時間があるかどうか

睡眠時、体も心も休ませることが大切ですが、一番大切なのは脳を休ませることです。人の脳は一日中フル活動していて、実は睡眠時にも脳は働いています。心が休まっても、脳が疲れていては、体は完全に休まらないのです。

通常、脳にはたくさんの酸素が送られるのですが、睡眠不足になるとこの酸素が十分に補給されません酸素不足の脳だと、集中力に欠け、考える力も弱まります。

それに、脳が休まっていないと、体の疲れというのは100%取れません。体を休ませるというのは、実は脳を休ませることなんだということを意識してみましょう。

睡眠の質も大きく関わりますので、寝るときの環境や、寝具などにもこだわってみましょう
睡眠時間の中で、体がきちんと休まっているか・一日を通して体調はどうかを毎日チェックしてみると、自分が最適な睡眠時間を確保できているかは、おのずと分かってくるはずです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP