意外にしらなかった?出世魚を調べてみた。

出世魚(しゅっせうお)」をご存知でしょうか?よく知られているようで、あまり知られていない言葉かもしれませんね。今回は出世魚とは何か・出世魚はどんな魚なのかなど、出世魚について調べました。

出世魚って何?

出世魚とは、成長の過程と共に呼び名が変わる魚のことです。大人になるにつれて、出世するという意味で「出世魚」と呼ばれるようになったようです。

出世魚にはどんな種類があるのか?

魚出世魚は、意外と身近な魚が含まれます。

ぶり・カンパチ・ハマチなど…スーパーでもよく見かける魚は、出世魚なのです。

出世魚は、多いもので一生のうちに5~6回も呼び名が変わります。お魚屋さんでない限り、なかなか覚えるのは難しいかもしれませんね。しかも地域によって呼び名が変わったりもするので、非常にややこしくなっています。
覚えるのは大変ですか、知識として知っておくのはいいかもしれません。
出世魚の種類をいくつかご紹介します。

ブリ

ブリは出世魚で、ブリになるまでに何種類かの過程があります。地域によって違うので、見てみましょう。

関西 もじゃこ→わかな→つばす→はまち→めじろ→ブリ

関東 わかし→いなだ→わらさ→ブリ

このように、おなじブリでも地域によって大きな差があるのが分かります。また北陸に行くと違ってくるようで、同じ魚なのに名前が変わるなんて、面白いですね。はまちは関西のお寿司屋さんではかなりメジャーですが、関東には、はまちとしてはあまり出回ってないようです。

スズキ

スズキも地域によって呼び方の変わる出世魚です。

関西 セイゴ→ハネ→スズキ

関東 セイゴ→フック→スズキ→オオタロウ

最初のセイゴは同じでも、中間の呼び名が変わるのは面白いですね。関東ではスズキが成長するとオオタロウよ呼ぶそうです。関西の方には馴染みがないかもしれません。

ボラ

ボラも出世魚で、呼び名が変わります。ボラは地域によって呼び名が変わることはありません。

はく→おぼっこ→すばしり→いな→ボラ→トド

ボラはボラだと思いきや、そうではないのですね。「はく」や「すばしり」なんて、あまり聞かない呼び名ですね。

どうして出世魚は名前が変わるの?

このように、成長するにつれて名前が変わると覚える側も大変です。そもそも、どうして出世魚は呼び名を変えたのでしょうか

出世魚として、成長と共に名前の変わる魚はどれも成長の仕方が非常に極端です。例えばブリなんて、大きさが倍以上にも成長します。さらにブリなどの出世魚は、ほとんどが食用魚です。

魚をさばいたり調理をする際に、同じ名前であまりにも大きさが違う魚とややこしくなる。そこで、出世魚として呼び名を変えた。という一説があります。

名前を聞いただけで、お魚屋さんや板前さんがどんな調理法で、どのようにして食べるのが美味しいのか、一度で分かります。同じブリでも、名前がずっと同じだと大人のブリなのか、子供のブリなのかで用途が大きく変わってしまうのです。

そこで呼び名を分かりやすく変えたというのは、非常に納得のいく理由ですね。もちろん出生魚ではない魚もたくさんありますが、このことを知った上で魚を食べると、より美味しく、興味深いものになりそうです。

こちらの調べものもいかがですか?

“意外にしらなかった?出世魚を調べてみた。” への1件のフィードバック

  1. 名前を聞いただけで、お魚屋さんや板前さんがどんな調理法で、どのようにして食べるのが美味しいのか、一度で分かります。同じブリでも、名前がずっと同じだと大人のブリなのか、子供のブリなのかで用途が大きく変わってしまうのです。

コメントを残す

TOP