知りたかった!逆上がりのコツと上手な教え方

前回りは難なくできたけど、逆上がりがどうしてもできない、というお子さまは多いはず。今、この記事を読んでいる方で思い返せば人生で最初の壁が逆上がりだった、という方もいることでしょう。ここでは、逆上がりのコツとお子さまへの教え方をご紹介していきます。

なぜ逆上がりができないのか?

鉄棒

一番の原因は、腕が伸びきってしまうことにあります。逆上がりは下腹部と鉄棒をちゃんと密着させて回転する運動なので、腕が伸びきってしまっては身体を鉄棒に引きつけることができません。そのため、ぐるんと回れないのです。

そして、足を斜め前方に蹴り上げてしまうこともできない要因です。頭上に蹴り上げた足を後方へ、弧を描くように回転しなければいけません。

逆上がりのコツ

鉄棒の高さ

練習をしている鉄棒はお子さまの身長に合っていますでしょうか?一番良い高さは腰と胸の中間に鉄棒が来る高さです。高過ぎても低過ぎてもなかなか上達できないので、ちょうど良い高さの鉄棒を選びましょう。

鉄棒の掴み方

腕の力がないお子さまは鉄棒を引き寄せることがなかなかできません。逆上がりというと、逆手で鉄棒を持つイメージがありますが、実は必ずしも逆手が良いわけではありません。握力がないお子さまが逆手で鉄棒をすると落ちてしまうこともあり、ケガの原因にもなってしまいますので、順手で練習をしてみましょう。

頭上に蹴り上げる

先にも書いたように、逆上がりができないお子さまはみんな足を斜め前方に蹴り上げてしまっています。逆上がりができるようになるには、頭上を蹴り上げる感覚を掴めると上達が早いです。脇を締めて、思い切り踏み切るのがコツです。

おへそを鉄棒から離さない

腕をしっかりと曲げ、おへそを鉄棒にくっつけて鉄棒を見ながら回ります。あごが上がっては上手く回れないため、あごに小さなスポンジなどを挟んで練習するのもひとつの方法です。

つま先を回る方向へ向ける

上手く蹴り上げることができても逆さまの状態で止まってしまう場合は、踏切の足りなさや、また、つま先が回る方向に向いていないため回転が止まってしまっていると考えられます。思い切り、つま先を回る方向へ向けてみましょう。

逆上がりの教え方

補助をする時には、鉄棒の前に立って補助しましょう。その時に、頭上に蹴り上げる感覚を根気よく教えてあげることが大切です。

また、一生懸命練習しているお子さまにとって、声をかけてあげることが一番の励ましになります。「おへそを鉄棒にくっつけて!」「ひじを曲げて!」「つま先を回る方向に向けて!」「もうすこしだよ!」と、ポイントを押さえつつ、優しく励ましてあげましょう。

がんばって逆上がりができるようになったお子さまには自信も付き、練習をすれば必ずできることを逆上がりを通じて学びます。ぜひお子さまと一緒に成功した達成感や感動を体験してくださいね。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP