花粉症に咳や痰の症状はあるの?風邪との違い見分け方を確認!

「今まで花粉症なんてなった経験ないからこれは風邪かな?」自分が花粉症なんて認めたくない気持ちは分かりますが、花粉症って残酷にも突然なってしまうことがあるんです。

本当にただの風邪ならば少し気は楽ですが、花粉の季節に鼻水や咳が出ていると少し不安になりますよね。

実際に花粉症と風邪は何が違うのか?気になったので花粉症の症状や風邪との見分け方など色々と調べてみました。興味がある方は良かったら参考にしてみて下さい。

花粉症の症状の特徴

風邪との違い見分け方をを比較する前に、まずは花粉症の症状について簡単に確認してみましょう。

【花粉症の症状】

  • くしゃみ、鼻水、鼻詰まり
  • 目の充血やかゆみ、涙目になる
  • 微熱、倦怠感や眠気
  • 咳や痰、喉の痛み

 

鼻水や目の充血とかゆみの症状は有名なのですが、実は花粉症には咳や痰,微熱など風邪に似た症状もあるんです。

花粉を体から追い出そうとする働きが原因で鼻水が沢山分泌されますが、その結果、鼻水が少しずつ喉を伝って流れていくので、それが原因で咳や痰などが生じてしまうんです。ちなみに後鼻漏って言います。

あと人によりますが、微熱が出てしまう人も少なくないようですよ。症状としては高熱でなく少し熱っぽいのが長く持続するような感じです。

花粉症と風邪の違い見分け方とは?

1.鼻水の状態
花粉症の鼻水無色透明のサラサラで水の様な形状です。花粉症でドロッとした粘度が高い色が濁った鼻水は出ないので、まずは自分の鼻水はどんな状態か確認してみましょう。

2.目と鼻のかゆみ
花粉症の代表的な症状の目と鼻のかゆみは風邪で表れることは少ないです。どうしようもなく目がかゆく真っ赤に充血している状態なら花粉症を疑いましょう。ちなみに、涙が止まらないのは付着した花粉を洗い流すためです。

3.くしゃみの頻度
花粉症になるとくしゃみがものすごい高頻度で出ます。鼻に入った花粉を追い出そうと連発でくしゃみが出るとことが多くなります。風邪の時に数回出るくしゃみとはレベルが違うのですぐ自覚出来ると思いますよ。

4.発熱
上記でも少し触れましたが花粉症は微熱を生じることがあります。ただ、風邪と違って一気に高熱が出たりすることはなく、花粉症だと熱っぽい感じが長い間ずっと継続するような状態になります。

花粉症の確認方法

もし、風邪でもないのに鼻水などの症状がでていて不安な場合、自分が花粉症になっているかどうか実際に確かめてみると良いかもしれません。

 

【病院で診断する場合】
耳鼻咽喉科に行くと花粉症かどうか診断してもらうことが出来ます。(※目の充血,腫れが酷い場合は眼科の方に行きましょう。)

診断方法としては、皮膚反応検査,血中IgE検査,鼻粘膜誘発テストがあります。花粉を付着してみて実際に反応があるかどうかを確認をします。診断方法は病院によって異なるので気になる方は事前に確認しておきましょう。

 

【自分で確認する方法】
簡単な血液検査を行うことで自分だけでも花粉症を確認することが出来ます。用意するものは小さな針とアレルギーが気になる花粉です。

まず、血液検査をするために針で少し傷をつけてもらいます。そこで気になる花粉をチョコっとつけるのですが、傷口が軽く膨れ上がった場合は残念ながらアレルギー反応が出ている事になります。

最後に

鼻水とクシャミが止まらない状態になると本当に辛いですよね…。症状が酷いとティッシュがないと会話もままならくなるので、花粉症は日常生活に支障が出ると言っても過言ではありません。

治すためには薬の服用にとにかく花粉を避けることが大切なので、早く治したい方は病院へ行くのと外に出る時にマスクは徹底しましょう。ブログ管理人はカバンに箱ティッシュの携帯もしてますよー!(汗)

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

“花粉症に咳や痰の症状はあるの?風邪との違い見分け方を確認!” への2件のフィードバック

  1. いーちゃん より:

    なるほどー

  2. 匿名 より:

    そうなんですね。 
    だったら私は花粉症かもです。 残念・・・

いーちゃん にコメントする

TOP