お屠蘇(おとそ)はどんな意味があるの?正しい飲み方と由来を確認!

お雑煮やおせちなどお正月の風習の1つであるお屠蘇(おとそ)。新年にお酒を飲むことのようですがどのような意味があるかご存知ですか?

恥ずかしながら私は最近になってお屠蘇の存在を知ったのですが、いい機会なのでお屠蘇について色々と知っておこうと思い、由来や飲み方の作法など調べて簡単にまとめてみました。

お屠蘇の由来について

お屠蘇とは元日から三が日の間の朝に親族であいさつを交わしたあとで、家族が1年間健康に過ごせるように願って飲むお酒の事です。簡単にまとめると正月に不老長寿を祈って飲む祝い酒ですね。

この考えは、元日に薬酒を飲むことで1年の邪気を払って、寿命を延ばせると言う中国の伝説に基づいています。

お屠蘇には、山椒,防風(ぼうふう),百朮(びゃくじゅつ),桔梗・細辛(さいしん),乾姜(かんきょう),肉桂(にくけい)など様々な薬剤が使用されているので、文字の通り、鬼気,悪魔を屠(ほふ)って人魂を蘇らせるお酒とも言われるそうです。

お屠蘇の正しい飲み方

お屠蘇を飲む際は三つ組の杯を使って飲むのが正しい飲み方です。この3つの杯は『屠蘇三献』と言って1人ずつ上から順番に杯を取って、それぞれを1回ずつの合計3回飲むのがしきたりです。

元日になってお祝いの膳の用意が出来たら、家の主人の音頭であいさつを交わしそれから頂きます。そして、若い人から順番に飲むのもお屠蘇のしきたりです。

ちなみに、お屠蘇には肴(さかな)がないのが正式な飲み方なので、料理が出ていても全員が飲み終わるまでは食べてはいけないようですよ。

お酒を飲めない人はどうするの?

お屠蘇は新年の儀式的なものなので断ってはいけないのですが、あらかじめ飲めない事を伝えておけば飲むふりだけでもOKなようです。なので、唇を当てるなどそれらしい仕草をして雰囲気だけでも味わいましょう。

あと「子供がお屠蘇をしても未成年で飲酒問題にならないの?」というよく質問がありますが、法律的には違反をしている事になります。

ただ、違反だとは言っても飲むお酒は少量ですので、やるかどうか決めるのは周りの大人の判断次第ですね。もし飲ませないのなら飲むふりだけさせればすれば良いと思いますよ。

最後に

子供がお屠蘇を飲むのはダメですが、実は甘酒を飲むのはOKなんですよ。何で大丈夫なのかは甘酒の記事で紹介しているので気になる方はどうぞ。
甘酒の効能って?カロリー&栄養効果とアルコール度数をチェック!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

“お屠蘇(おとそ)はどんな意味があるの?正しい飲み方と由来を確認!” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:


    お勉強になりました♪

  2. 匿名 より:

    お勉強になりました♪

コメントを残す

TOP