玉ねぎって冷凍していい?正しい保存方法を知ろう

煮物、炒め物、お吸い物、なんにでも大活躍の玉ねぎ。玉ねぎは長期保存ができる野菜です。ここでは、美味しく玉ねぎを保存する方法をご紹介していきたいと思います。

常温、冷蔵庫での保存方法

まるごとでの保存

玉ねぎ玉ねぎは、湿度が高いとすぐに根が出てしまい、栄養や風味が落ちてしまいます。冷蔵庫で保存するのではなく、風通しが良く、日が当たらない場所に吊るしておくかのが最適です。

例えば、みかんのネット、ストッキングなどに入れ、玉ねぎ1個ごとに結び目を作っておくと湿気もこもりませんし、使う時にも結び目を切れば1個ずつ使うことができて便利です。カゴやダンボールに入れて保存する場合は、1個ずつ新聞紙などに包み、玉ねぎどうしが重ならないように保存することで長持ちさせることができます。

ただ、気温と湿気が高くなる梅雨時期や夏場には冷蔵庫の野菜室での保存が良いです。その際リンゴと一緒に保存すると、リンゴが出すエチレンガスによって胚芽を早めてしまうので注意しましょう。

常温保存では数か月、冷蔵保存では1~2か月程、保存が可能です。

また、水分が多い新玉ねぎや赤玉ねぎはすぐに風味が落ちてしまうため、2~3日が美味しく食べられる限度です。

カットした玉ねぎの保存

カットした使いかけの玉ねぎは空気に触れないようにラップをして、冷蔵庫で保存します。他の野菜と同様、切り口から劣化していくので、なるべく早めに使うようにしましょう。スライスしたり、みじん切りした玉ねぎは、ジップ付きの袋に入れるか、ラップやタッパーで密封させると良いです。

冷凍庫での保存方法

玉ねぎを冷凍する場合は、スライスやみじん切りにして、しっかり密封して冷凍しましょうまるごと冷凍庫に入れると、解凍した時に離水しやすいので避けましょう。平たくして保存すると、使う時に使いたいだけの玉ねぎを割って使うことができるので便利です。調理の際には解凍せずにそのまま使いましょう。

また、冷凍した玉ねぎはシャキシャキした食感がなくなってしまうので、サラダには向いていません。スライスやみじん切りにして凍らせると繊維が壊れるので、通常よりも早く飴色玉ねぎができるのでお薦めです。

水にさらして冷凍保存

スライスやみじん切りにして塩をまぶした玉ねぎをしっかり水にさらして、その後水気をしっかり絞ります。その後、金属製のトレイやアルミホイルにラップを敷いて乗せ、そのまま冷凍保存します。

調理して冷凍保存

玉ねぎをスライスやみじん切りにして炒めます。玉ねぎの特性として、軽く炒めると甘みが、また、じっくり炒めるとコクや旨味が出て来ます。その後あら熱を取り、1回に使う分ごとにラップで包んで冷凍すれば2か月程持ちます

いかがでしょうか?玉ねぎは栄養もありますし、血液がサラサラになることで知られています。長期保存できる野菜なので、しっかり保存して毎日の健康に役立ててください。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP