寝起き時に吐き気や動悸がある人に考えられる病気とは?

朝起きた時に動悸や吐き気がある場合は、どのような病気が考えられるのでしょうか。考えられる病名をいくつかご紹介していきましょう。

低血圧症

健康

最も多い症状は低血圧症です。
女性の方に多くみられる症状で血行状態が悪く、立ちくらみや貧血が起こしやすい体質となっています。胸の痛みを感じ、吐き気や動悸を催すケースもあります。

脳の思考回路も鈍く、朝が苦手な人に起こりやすい症状で自律神経のバランスが崩れたり、腎臓の機能が低下しているとこのような低血圧症を引き起こしてしまうことがよくあります。

アドレナリンが分泌しづらいという方はこのように、朝は苦手としている方が多いです。

対処法はとにかく運動を毎日取り入れることで血液循環に活性化を与える必要があります。
運動をすると、血液の上昇を招きますのでポンプのように血液が脳へと伝わってきます。それによって朝の寝起き時に動悸や吐き気、めまいなどの解消に役立つことでしょう。

また朝は必ず水分補給をする必要があります。脱水症状に似たような症状で寝ている間に水分を排出してしまうので脳まで血液がうまく循環していないことが考えられます。

逆流性食道炎

朝、吐き気や動悸があるということは、消化器系統の問題や気管支に問題がある可能性が考えられます。その中でも食堂に異物が残っていたり、胸焼けのような感覚がある方は逆流性食道炎の可能性が考えられます。

コレステロールの多い食事や胃の消化不良などを起こしていると、このような症状を感じることがあります。
特に最近は食生活が乱れていて、コレステロールや脂肪分の多い食事が中心という方が多くなってきているので、逆流性食道炎も頻繁に聞かれるようになってきました。

筋肉の疲労やストレスが影響することも!

特に表だった症状はないのに、寝起き時に吐き気や動悸を催してしまうケースは、慢性的な運動不足、急激な運動による筋肉痛、日頃生活環境に問題を抱えていてストレスを溜めている状態などが考えられます。

生活習慣が影響しているので、特に処方箋があるというわけではなく、規則正しい生活を心がければ自然に快方へ向かっていくというケースが多くなっています。

血液循環をよくするためには、しっかりとした食事とたくさんの睡眠を心がけ、ストレスのない状態をできるだけキープすることが重要です。そうすることで朝の吐き気や動悸というのも徐々に少なくなっていくでしょう。

血圧が正常値に戻れば特に病気の心配はありません。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP