ユニットバスの掃除方法は?排水溝のつまりや床のカビ対処法について

ユニットバスって小まめに掃除しないと大変な事になりますよね。排水溝が詰まって水があふれたり、床やカーテンがカビで真っ黒になったり、放置すると後々とても大変な目になってしまいます。

この記事ではユニットバスを使っていると悩まされる事が多い排水溝とカビの掃除方法について紹介していますので、もし良かったら参考にしてみて下さい。

ユニットバスの手入れの仕方

ユニットバスの汚れ予防で大切なのは、小まめの手入れでしつこい汚れを絶対に作らないようにする事です。

定期的な掃除ももちろん必要ですが、毎日簡単に手入れをするだけで汚れの発生を防ぐ事ができて、掃除も楽になるので下記の手入れをぜひ試してみて下さい。

 

◆クエン酸水をおいておく
クエン酸は水汚れにとても強いです。これをかけてタオルでふき取るだけですごいピカピカになりますよ。なので、クエン酸を霧吹きに入れて風呂場に常備しておきましょう。

あと、クエン酸について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
クエン酸と重曹が掃除でとても便利!しかも自家製炭酸水も作れる!

 

◆汚れは必ず洗い流す
汚れは弱いうちに洗い流す!これが風呂掃除の鉄則です。ユニットバスの使用が終わったら、シャンプーやリンスの残り、小さな汚れを必ず洗い流しましょう。

洗い流すときは熱いお湯を使うようにして下さい。汚れは温度が高い水の方が落としやすいです。

 

◆お風呂をあがる時に水シャワー
ユニットバスは窓がない事が多いので、浴室の湿気室内温度が高い状態である事が多く、カビが発生しやすい状態になっています。

なので、入浴が終わったら浴槽や壁に水シャワーをかける事で、室内を冷やしてカビの発生をある程度抑えられるようになります。

 

◆排水溝にネットかカバーを使う
排水溝がつまる大きな原因は髪の毛です。ネットとカバーを利用する事によって髪の毛が流れるのを防げるので、排水溝のつまり対策になって掃除もとても楽になります。

何もつけていないと1ヶ月くらしたらすぐに詰まってしまうので、掃除が面倒臭い方は、絶対どちらか購入した方がいいと思いますよ。ちなみに私は下の排水溝ネットをずっと使っています。

排水溝がつまってしまったら

シャワーを浴びている水があふれるようになった。また、明らかに水の流れが悪くなっている。そのような場合の原因は排水溝のつまりである事が多いです。

業者を呼ばなくても自分で直せる事がほとんどなので安心して下さい。ただし、掃除は色々と大変ですが…。

 

【まずはカバーの掃除から】
最初にカバー排水溝につながる穴を掃除します。恐らく髪の毛やらヘドロやらで大変な事になっているので、これからそれらを全部取り除く必要があります。

こちらのサイトに画像つきで分かりやすい説明があったので、参考にして取り組んでみて下さい。

排水溝が詰まってしまうのは、カバーに汚れが溜まっている事が原因のほとんどなので、気合を入れて取り組みましょう!

 

【掃除したけどまだ流れが悪い場合】
排水溝の中の方がつまっている可能性が高いです。なので、つまっている髪の毛などを溶かしてあげる必要があります。

排水口からパイプクリーナーと少量のお湯を投入して、10分程度放置をしてから薬を洗い流してみて下さい。つまりが解消していれば、流れがスムーズになるはずです。

またパイプクリーナーでなくクエン酸水でも効果はあるそうなので、両方試してみてもいいかもしれませんね。

 

【それでもダメな場合】
ユニットバスの排水トラップ(詳しくはこちら)で、何かしらのトラブルが発生している可能性かあります。最悪、業者さんに頼む事が必要になるかもしれません。

ですが、最後に下の動画の方法を試してみて下さい。この方法でつまりが治る事があるようなので、業者さんに頼る前に挑戦してみましょう。

床やカーテンのカビ対策

【床のカビ対策】
床のカビにはカビキラーが有効です。オレンジ色のようなカビはかけて流すだけでもすぐに落ちますが、黒いカビはしっかり磨いてから流す必要があります。

たわしやブラシなどを利用してお湯を使いながら磨くとちゃんと黒カビも落とす事が出来ます。ちなみにクエン酸も有効なようです。クエン酸ほんと万能ですね。

 

【カーテンのカビ対策】
カーテンのカビには漂白剤が有効です。暖かいお湯と漂白剤を混ぜて、そこにカーテンに浸けてみて下さい。30分くらいしたらカビが落ちてピカピカの状態に戻りますよ。

あと塩素系漂白剤を入れて洗濯をしてもキレイになるようなので、手間をかけたくないならこちらの方が良いかもしれないです。

最後に

ユニットバスって最初に掃除の仕方が分からず後で排水溝がつまったりして大変な思いをする人が多いみたいです。私も最初の1ヶ月でつまらせてしまってかなり焦りました^_^;

掃除はやっぱり小まめにする事が大切ですね。それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP