こめかみが痛い?偏頭痛?本当の原因を調べてみた

こめかみがズキンと痛い、そんな頭痛を経験したことはありますか?こめかみが痛む頭痛は主に偏頭痛と言われており、成人に特に多い症状です。ただ、現代病とも言われている頭痛の症状はたくさんあり、危険性も軽いものから重いものまで様々です。ここでは、こめかみに起こる頭痛の種類や、原因、対処法をご紹介していきます。

こめかみの頭痛で考えられる病気

1、偏頭痛

特徴:偏頭痛は女性に多く、片側のこめかみ、または両側にズキズキと脈打つように痛みを感じます。目がチカチカしたりという症状もあり、身体を動かすと痛みが悪化します。

原因:寝不足、ストレス、空腹時の血糖値低下、女性の月経

対処法:安静にするのが一番です。頭部を氷枕などで冷やしましょう。また、コーヒー、紅茶のカフェイン成分が偏頭痛には効果的です。

2、緊張型頭痛

特徴:日本人に最も多いと言われる頭痛の種類で、偏頭痛と間違いがちです。後頭部、こめかみに重く鈍い痛みを長時間感じます。午後から夕方にかけて症状が出やすいと言われています。

原因:ストレス、顎関節症、眼精疲労、長時間の同じ体勢

対処法:ストレッチなどをして首、肩の筋肉をほぐしましょう。入浴をしたり、蒸しタオルを当てて温めると治りやすいです。

3、群発頭痛

特徴:偏頭痛と違って、若い男性に多いと言われている頭痛です。突然殴られたような激しい痛みがこめかみのあたりに現れて、充血、鼻水、鼻づまりなどの症状が見られます。

原因:特定されていません。
対処法:お酒や煙草を控えましょう。また、深呼吸をしてリラックスをしたり、頭を冷やすことで、症状が和らぎます。

4、うつ病

特徴:こめかみにズキズキした鈍い痛みがあり、眠れない、食欲不振、やる気がない、不安に襲われる、といった症状があります。

原因:ストレス、疲労、ホルモンバランスの乱れ

対処法:休養し、心身のリラックスを心がけましょう。うつはれっきとした病気ですので、症状がなかなか良くならない時は、思い切って専門機関に受診してみるのも良いでしょう。

5、くも膜下出血、脳腫瘍

特徴:こめかみの頭痛と一緒に意識障害や吐き気、麻痺など、いつもの頭痛と違う時は脳の疾患の可能性があります。

原因:脳の動脈が破裂してしまったり、腫瘍が脳を圧迫することで起こります。

対処法:命に関わることもあるので、早急に専門機関を受診しましょう。

予防策

こめかみ上記で5種類の頭痛をご紹介しましたが、主な頭痛は普段の生活習慣から来ているものが多いです。

  • パソコン作業など長時間同じ姿勢を取る時には、ストレッチをして筋肉をほぐしましょう。
  • アルコールやカフェインの過剰摂取を避けましょう。
  • 睡眠不足や寝過ぎなど、生活習慣の乱れを正しましょう。

こめかみの頭痛は慢性化しやすいので、できるだけ症状を出さないようにして早めの対処を心がけましょう。また、自己診断をして、頭痛薬で痛みを抑えて大きな病気を見逃してしまうこともありますので、頭痛が続くようであれば早めに病院に行きましょう。

こちらの調べものもいかがですか?

“こめかみが痛い?偏頭痛?本当の原因を調べてみた” への1件のフィードバック

  1. かみん より:

    コメント残させていただきます。

    頭痛にも色々あるんですね。

    私も頭痛のブログを書いてますので
    とても参考になりました。

    また、訪問させていただきますね(^-^)

かみん にコメントする

TOP