鏡餅にはどんな意味があるの?正しい飾り方や由来を確認しよう!

お正月になると鏡餅を飾るのはもう一般的な光景ですが、「いつまで飾っていればいいの?」など結構色々な疑問がありますよね。

以前から鏡餅について少し気になっていたので、鏡餅の意味や飾る理由・飾り方など色々と調べてみました。もし良かったら参考にしてみて下さい。

鏡餅の由来って?

日本には年が明けて新年になると神様が来るという言い伝えがあります。その際に神様を迎えるお供え物として鏡餅が飾られていました。

何故お餅を備えていたかというと、まん丸の形なお餅は神様が宿ると言い伝えられている鏡の形に似ていたからという説があります。

神様にお供えしてから頂く尊いお餅(鏡餅)を食べる事によって、祝福や恩恵を受けられると考えられていたようです。

あと鏡餅が丸い形で重ねられているのは、丸い形は夫婦円満,重ねてある姿は1年をめでたく重ねる。などといった素敵な意味が込められているみたいですよ。

鏡餅の飾り方について

鏡餅を飾る際は年明け前の28日までに準備をすると良いそうです。神様を迎えるのは新年の初日の出の時だと言われているので、遅くてもそれまでには準備するようにしましょう。

飾っておく期間は1月11日の『鏡開き』の日までなので、この日まで鏡餅を食べるのは我慢しなければいけません。

それと、1つ注意する点があるのですが、29日にお餅を備えるのは『九(苦)もち』と言って縁起が悪いです。間違えてこの日に準備しないよう気を付けて下さいね。

鏡餅を飾る場所『床の間』が一般的ですが、もしない場合は玄関のげた箱の上や客間の棚でも問題ないようですよ。

鏡餅の飾りってどんな意味があるの?

鏡餅
画像引用元:供える 日本鏡餅組合

◆橙(だいだい)
大きく実が実っても木から落ちないで、代々(だいだい)家が栄えるようにと願いが込められています。

◆御幣(ごへい)
4方向に手を大きく広げて繁栄するようにと願いがこめられています。紅白の赤い色には魔よけの意味もあります。

◆四方紅(しほうべに)
お供え物をのせる色紙で四方を『紅』で囲むことによって、『天地四方』を拝し災を払って1年の繁栄を祈願しています。

◆裏白(うらじろ)
古い葉と一緒に新しい葉も伸びてくるので、久しく栄えわたるという意味が込められています。

◆三方(さんぽう)
尊い相手に物を差し出すときは、台に乗せて出すのが礼儀という事で使用されています。

最後に

実は、鏡餅がお年玉として扱われていたという説もあるんですよ。気になる方は下記のお年玉の記事をご覧ください。
お年玉の相場一覧!小学生・中学生・高校生それぞれ何円もらってる?

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

“鏡餅にはどんな意味があるの?正しい飾り方や由来を確認しよう!” への1件のフィードバック

  1. 橙が気になってしょうがなく、っていいますが、なぜあそこまでみかん1つに葉が一枚か。そんなことなく、人数分の葉つきまでとか。『ゆめをうかべる、気持ちって大切ですね。』甘党のみなさんには、どのくらい?でした。ハズレとしもありますが、是非。

コメントを残す

TOP