門松の意味と正しい飾り方を確認!いつから飾っていつ片付けるの?

正月のイメージとしてすっかり定着している門松(かどまつ)。飾ることにどのような意味があるかご存知ですか?

毎年よく見かけますが以前から「何で飾るんだろう?」と気になっていたので、門松の由来や飾り方や期間など色々と調べてみました。気になる方はもし良かったら参考にしてみて下さい。

正月になると何で門松を飾るの?

門松は神様の安息所として神様(歳神)が宿る場所と考えられています。元々は歳神(としがみ)の依代(よりしろ)と言われていて、神様が下界に降りてくる際の目印としても扱われているようです。

歳神とは別名で『お正月さま』,『若年さま』,『歳徳神』などと呼ばれ、正月に家に迎い入れられる神様の事です。

そして、門松も別名で『松飾り』,『飾り松』,『立て松』と呼ばれ、正月に家の門前に立てるもので丈の高い太い竹や小さい松などが使用されていましたが、年月の流れにより今の形の門松に変化していったようです。

ちなみに、昔は歳神が白髪の福相の老人だという考えもあり、今でも大晦日に若者が老人の格好をして子供たちに会いに行って、お年玉としてお餅をあげる風習がある地域もあるようですよ。

いつから飾ればいいの?

門松とは正月の神様を迎える飾り付けなので、正月前に家の入口(玄関など)に飾らなければいけません。日にちとしては28日までに立てる場合が多いです。

門松には『一夜飾り』といって31日だけに飾る習慣もあるようですが、正月に神様を迎えるのに1日だけでは誠意が足りないと思われるので、なるべく止めた方が良いみたいですよ。

あと、29日には立てるのは縁起が悪いので注意です。29日は「九松」といって「苦待つ」に通じるので嫌われているようです。

片付けるタイミングはいつ?

門松を飾ってから取り外すまでの期間を『松の内』と言います。一般的には、歳神を迎えて役目を終えた門松は、七草の7日にに取り外すという考えが方が多いです。

ただ、これは地方によって考え方がそれぞれで、4日,6日,15日など外す日にちは様々なようです。

なので、気になる方はおじいさん,おばあさんや神社などで話しを聞いてみて確認してみると良いですね。ちなみに私の地元は一般的考えの7日でした。

最後に

門松は神様による加護や副が得たいのなら飾った方がいいかもしれないですね。私の実家でも一応毎年飾っているのですが、門松の写真が印刷されたポスターなので、神様に見つけてもらえるかどうかは疑問です^_^;

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役にたったのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP