じゃんけんの必勝法はある?確率を調べてみた

子供から大人まで万人に知られているじゃんけん。欲しいものを順番に取っていったりする時に、じゃんけんをした経験は誰もが持っていることでしょう。じゃんけんはルールがシンプルなので、必勝法なんてないと思われがちですが、実は、様々な法則があるのです。そこで、じゃんけんに勝つ確率を上げる方法を教えちゃいます。

じゃんけんの必勝法

こんな統計があった!

じゃんけん数学的に最も勝つ確率が高いのは、ランダムに出すことだそうです。ただ、人間は機械ではないため、完全にランダムに出すことは不可能です。

統計を取った結果、最初はグーの後に多く出されやすいのは、グー、パー、チョキ、の順番です。そのため、パー、グー、チョキ、の順番が最も簡単な必勝法です。

パーで勝つ確率を上げよう!

当たり前ですがパーで勝つには、相手がグーを出してくれなければ勝てません。初心者相手、特に男性がグーを出しやすいと言われています。また、人間は警戒すると、グーを出しやすいそうです。そこでいきなり「じゃんけんほい!」と大きな声で促したり、威嚇しながらかけ声をかけると、相手は萎縮してグーを出しやすいという説があります。

最初にチョキを出す人は少ない!

少しひねくれた方には通用しないかもしれませんが、試してみる価値はあります。

2度連続で同じ手を出す人はあまりいない!

あいこの次の手を変化させる人が多いから、という理論に基づいた説です。あいこになったら、次はあいこの時に負ける手を出しましょう。

「~を出す」と宣言する場合は、宣言した手に勝つ手を出す!

「最初にパーを出すよ」と宣言してじゃんけんする時にはチョキを出しましょう。相手が信じると、相手はチョキを出しますし、信じない場合にはパーを出しますので、チョキを出せばあいこか勝ちます。ただ、話を聞いてくれない方だったら意味がないかもしれません。

最初はグーのかけ声で始めたら、次はチョキを出す!

最初はグーから始めたら、それ以外の手で出して来る確率が高いです。チョキを出せばあいこか勝ちます。

子供にはチョキ、お年寄りにはパーを!(大人げないのはあしからず…。)

子供はじゃんけんをする時に手を開くといった出しやすい単純な動作を行ってしまう確率が高く、また、お年寄りはチョキが苦手なため、グーかパーを出す確率が高いとの統計が出ているそうです。

いかがでしょうか?たくさんの説があるので、さらに迷ってしまうこともあるかもしれません。じゃんけんは心理戦です。相手にどう思われるか、相手がどんな人なのか、そんな読みも大事です。

どちらにしても、3種類しか手がないため最終的には運なのですが、知っていることでさらにじゃんけんがおもしろくなるでしょう。
最後に。先出し、後出しなどはもってのほか、大切なのは正々堂々と戦うことです。たかがじゃんけん、されどじゃんけん。人生のゲームを楽しみましょう。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP