インフルエンザ予防接種を受ける最適な時期とワクチンの有効期間は?

毎年冬になると流行するインフルエンザ。冬は年末年始のイベントや受験など大切な行事が沢山ある時期。そんな大事な時期に感染しない為にも予防接種が色々な場で進められています。

そして、「どのタイミングで受ければ良いの?」と疑問の声も多いです。大事な時期を万全な状態で過ごす為には、適切な時期に受ける事は大切ですからね。

なので、インフルエンザの予防接種について、基礎的な知識を調べてまとめてみました。

予防接種の有効期間はいつまで?

まず、インフルエンザ予防接種の有効期間についてですが、一般的な大人の場合、摂取を受けてから2~3週間で免疫が有効となって、その後の有効期限は4~5ヶ月の間と言われています。

免疫力は摂取を受けてから1か月後にピークとなり、それからゆるやかに低下していくようです。

しかし、過去に予防接種の有無だったり、どうしても人それぞれ個人差がありますので、あくまで目安として参考にして下さい。

予防接種を受ける最適な時期はいつ?

日本のインフルエンザの流行期間は、毎年12月~3月の間なので、医師が勧めている割合が1番多い予防接種を受ける最適な時期は11月です。

上記で記入した通り、効果がピークとなるのは1ヶ月後なので、受験など1月後半から2月に大切な行事がある場合は、少し遅らせ12月に接種したり、後で2度目の接種を受けるといいでしょう。

2回接種を受ける際の間隔は1ヶ月です。ちなみに、1回ではなく2回受けるのを勧められる事が多いようですね。

予防接種を受ける際に注意すること

予防接種は健康体の状態でないと受けられない事があります。また副作用もあるので、何か持病があると体調を崩してしまう可能性もあります。

そのような場合に注意する事をまとめましたので、
予防接種に行く前にあなたは大丈夫かどうか確認してみましょう。

 

予防接種を受けられないケース

  • 明らかに発熱状態である(一般的に体温が37.5度以上)
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな状態である
  • インフルエンザ予防接種に含まれる成分によって、アナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかな人(アナフィラキシー:接種後30分以内に起こるアレルギー反応)
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

予防接種に医師との相談が必要なケース

  • 心臓病、じん臓病、肝臓病や血液、その他慢性の病気で治療を受けている人
  • 前にインフルエンザの予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発疹(ほっしん)、じんましんなどアレルギーを思わす異常がみられた人
  • 今までにけいれんを起こしたことがある人
  • 今までに中耳炎や肺炎などによくかかり、免疫状態を検査して異常を指摘されたことのある人
  • 今までにぜん息と診断されたことがある人
  • インフルエンザ予防接種の成分又は鶏卵、鶏肉、その他の鶏由来のものに対して、アレルギーがあるといわれたことがある人

最後に

インフルエンザかかってしまうと辛いですよね。私はまだ小学生の頃1回かかっただけですが、40度近く出て自分の体に驚いたのを覚えています。

冬場は結構色々なイベントがあって大切な時期なので、万全で過ごしたいのならちゃんと予防接種を受けた方が良いかもしれませんね。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP