二日酔いの予防法を確認!飲む前と飲んだ後にできる対策について

お酒を飲むのは好きだけど、二日酔いが辛いから飲み会に誘われても参加するのに戸惑ってしまう。そんな悩みを抱えたお酒好きな方も多いのではないでしょうか?

忘年会シーズンで飲み会が続く時期、お酒が残ると次の日の仕事がキツいからと泣く泣く参加を断念した友人が私の周りに結構いたのです…。

そんな出来事がきっかけで「何とか二日酔いを防ぐ方法はないのかな」と気になり、二日酔いの予防法について色々と調べてまとめてみました。翌日の二日酔いに不安を感じている場合は良かったら参考にしてみて下さい。

飲む前には何かを食べておく

とにかく何か食べ物を胃の中に入れる!

これものすごく大事みたいです。空っぽの胃の中にお酒を入れるとアルコールが体内で急速に吸収されるため、分解が追いつかず血液中に残ったアルコールが体中に周り酔っぱらいやすくなるんだとか。

その状態で飲み続けると二日酔いの原因である成分(アルセアルデヒト)が血液の中で増え始め、この成分が体の許容量を超えると二日酔いや悪酔いを引き起こしてしまうようです。

空きっ腹のお酒が酔いやすいと言われるのはこの様な理由があるからなんですね。なので、二日酔いを避けたい場合は乾杯前に何か食べておくと次の日にお酒が残りにくくなりますよ。

あと、胃の準備をしてあげるのと同じくらい大切なことがあります。それは、飲酒前日の体調管理です。

お酒を飲む前の日に暴飲暴食や夜更かしなんかして体調を崩してしまうと、肝臓の働きが低下してアルコールを分解しづらくなってしまいます。体調万全じゃない状態で飲み会に挑むと次の日に残りやすいのでご注意を!

寝る前に水分補給をする

飲み会の後はコップ2〜3杯の水を飲んでから寝るようにする。これだけで次の日に二日酔いになる可能性を大きく減らすことができるそうです。

アルコールが体内で分解される時は水分が消費されるから、寝る前にたっぷり水分補給を行っておけば次の日にお酒が体に残りにくくなる。この様な理由から二日酔い対策に水分補給はとても重要だと言われています。

二日酔いは体内の水分が少なくアルコールが分解が追いつかくなり次の日にアルコールが残ってしまうというパターンがすごく多いみたいなので、次の日に辛い思いをしたくないのなら寝る前の水分補給はちゃんとしておきましょう!

ちなみに、なるべく常温に近い水を飲むと水分の吸収率が高まります。それと、水以外にも以下の飲み物も二日酔い予防に効果的ですよ。

  • スポーツドリンク
  • オレンジジュース
  • グレープフルーツジュース

最後に

対策をしっかり行えば二日酔いになる可能性が大きく下がります。特に寝る前に水を飲むという対策はすごく効果的なので、次の日に絶対お酒を残したくないという場合にはぜひお試しくださいませ。

ただし、どんなに対策をしっかり行っても飲み過ぎの場合はそれが無駄になってしまうので注意して下さいね。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP