平均年収の高い職業Top5ランキングを調べてみた!

みなさんは、一般的に年収のいい職業とは何を思い浮かべますか?なれる・なれないは別として、平均年収の高い職業って気になりますよね。そこで、現在の日本で最も平均年収のいい職業を、ランキング形式にしてみました。平均年収の高い職業を順番に見てみましょう。

第5位・警察官

公務員の中でも、警察官は年収のいい職業で有名です。

平均年収は約813万円と言われています。

やはり命を懸けた職業でもありますし、激務なのでそれくらいの報酬は当たり前なのかもしれませんね。勤務時間も不規則で、休日も仕事が入ったり、公務員の中でも大変な仕事に部類するでしょう。

第4位・大学准教授

大学准教授の平均年収は約862万円です。

大学准教授への道のりは、そうとう長い道のりです。助手・講師・助教授と段階を踏んでステップアップしていきます。当然誰もが簡単になれる職業ではなく、なれる割合も非常に少なくなっています。

第3位・大学教授

大学准教授を経て、無事に大学教授になれれば、年収もグンとアップします。

大学教授の平均年収は約1080万円

准教授に比べてかなり高水準であることが分かりますね。さらに仕事の量もさほど変わりませんので、憧れの職業でもあるかもしれません。一般のサラリーマンのように仕事がなくなることもなく、年収が高い割にかなり安定した職業になっています。

第2位・医者

医者

高収入で有名な職業と言えば、やはり医者。医者になりたくて目指す人は多いですが、実際には理想と現実のギャップで辞めてしまう人も少なくありません。

平均年収は約1140万円です。

高収入で、技術職なので仕事がなくなることはありませんが、非常に大変な仕事にはなります。何よりも人の命を預かる仕事になりますので、ミスは許されません。さらに急患にも対応しなければなりませんし、医師会との連携や、若いスタッフの教育などもありますので、ほとんど休まる暇はありません。

大きな大学病院に入るのか、自立するのかにもよりますが、医者になるには大変な時間と苦労と、お金もかかります。しかし一度職を得てしまえば、こちらもかなり安定した職業だと言えるでしょう。

第1位・パイロット

日本で最も平均年収の高い職業は、パイロットです。パイロットになるには、かなりの勉強と経験が必要です。医者とはまた違う意味で人の命を預かる仕事で、豊富な知識と知恵と人間性が求められます。
パイロットになるまでの道のりも非常に長く、どんなに努力してもなれない人も中にはいます

ちなみに平均年収は1152万円

ボーナスなども合わせると、もう少し上乗せされて、航空会社によっても大きく変わってきます

平均年収の高い職業は、人命に関わったり、なれるまでに大変な苦労を要する職業が目立ちます。目指すには覚悟が必要な職業ですが、年収を聞くと羨ましくもなりますね。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP