ヒートテックが効果ある理由を解説!寿命がきた時の見分け方は!?

「ヒートテックって本当に効果あるの?」
噂では高評価のヒートテックですが、効果を感じられない人もいる事も事実です。

しかし、効果を感じられない人でもヒートテックの仕組みを知り、意識や着方を少し変えてみるだけで効果を感じるようになれるかもしれませんよ。

効果を持続させる方法や寿命の見分け方など色々と調べてみました。

ヒートテックの仕組みについて

ヒートテックが温かいと感じるのは、人間の吸着熱を上手く利用しているからです。
(吸着熱:何もしなくても人間が体内から発している水蒸気が繊維について発熱すること)

どんな衣服でも吸着熱は発生するのですが、ヒートテックが普通の衣類より優れているのは、水蒸気だけを素早く逃がし、発生した熱を逃がしにくい事です。

普通だと熱が発生しても水蒸気のせいで冷えてしまうのですが、ヒートテックは水蒸気をすぐに逃がして熱だけを残す仕組みで、保温性がとても優れている為、着ているだけで暖かさを感じやすくなっています。

どうして効果を感じないの?

上記で説明した通り、ヒートテックが優れているのは保温性です。繊維が熱を失いにくいので、1度暖かくなったら当分はポカポカしてます。

しかし、勘違いをしないよう注意しないといけないのは、発熱性はないという事です。ずっと動かない状況や雪の日に外に行く時などにヒートテックに頼り切ってしまうと、それだけではどうしても寒い思いをしてしまいます。

確かに普通の衣類と比べたら暖かいですが、もこもこのセーターなどと比較してみると暖かいのは断然後者になります。

なので、ヒートテックを利用するのは、部屋の中で暖房の利用を控えたい時や外でちょっとした作業をするときなどが効果的ですね。防寒対策の為にヒートテックだけに頼り切ってしまうのは注意が必要になります。

ヒートテックを着る際に注意する事

ヒートテックにはメンズとレディースによって機能が若干異なります。
メンズ:吸収速乾 レディース:保湿、このよう違う機能があるようです。

「どちらを選べばいいの?」と気になると思いますが難しく考えないで、外で体を動かす事が多いのならメンズ、部屋でじっとしている事が多いならレディース、こんな感じで選択して問題はないでしょう。

それと選ぶときにもう1つ気を付けないといけないのがサイズです。ヒートテックは肌に密着をして熱を逃がさない仕組みになっています。

なので、少し大きめのものを選んでしまうと肌と衣類の間に隙間が空いてしまって、本来の保温性を保てなくなってしまう可能性があるんです。なるべくサイズにぴったりのものか小さめのものを選ぶようにしましょう。

ヒートテックの寿命について

あとよくある疑問で「ヒートテックはいつまで効果あるの?」というものがあります。「1年したらダメになる。」なんて噂も流れたりしていますがそんな事はありません。

見分け方は簡単です。洗濯をしていて服が伸びてきたなと感じたらそれが寿命です。

上記の通り、ヒートテックは肌と密着する事で保温性を保っています。伸びてしまったら隙間が空いてしまうので、暖かさを感じにくくなってしまうのです。

だから、本当によく着ている人は1年でダメになる事もあるかもしれませんが、着ている頻度によってそれぞれ服の寿命は異なるでしょう。

最後に

ヒートテックって色々意識して使ってみると効果はちゃんとありますので、着た事なくて迷っている方は1度買ってみるといいですよ。安いものなら1000円で買えるものもあるので経済的でオススメです。

ちなみに私は寝間着として着ていますよ^^
冬の部屋着としてはヒートテックは最高だと個人的には思っています。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの調べものもいかがですか?

“ヒートテックが効果ある理由を解説!寿命がきた時の見分け方は!?” への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ありがとう

コメントを残す

TOP