ご飯を冷凍する際の便利なひと工夫を紹介

余ってしまったご飯、冷凍するとどうしてもパサパサして味が落ちてしまい、炊きたてのようにはならないなぁ、なんて感じたことはありませんか?だからといって、一食分ずつ炊くなんて、電気代も手間もかかります。ここでは、まるで炊きたてのようになる美味しいご飯の冷凍、解凍法をご紹介していきます

冷凍するコツ

できるだけ早く冷凍する

ご飯一番大切なのは、炊きたての鮮度を保つことです。炊飯器で保温している状態にも、ご飯の劣化は進んでいき、美味しさの成分はどんどん減少します。炊飯器での保存よりも冷凍保存の方が美味しいということは科学的にも証明されているそうです。まずは、ご飯が炊けたらできるだけ早くラップに包みましょう。乾燥による劣化を防ぐことができます。

ふんわり包む

ラップで包む時には平たくして包むことがポイントですが、包んだ後に上から押し付けてしまっては粒が潰れてしまいますので、優しくふんわりと包みましょう一膳分ずつ小分けにしておけば、冷凍も解凍もスムーズにできます。小分けにできるタッパーなども販売されていますので、活用するのも良いでしょう。包んだご飯はあら熱を取ってから冷凍庫に入れます。

急速冷凍させる

急速冷凍することで、美味しさを逃がさず保存することが可能になります。最近の冷蔵庫には急速冷凍の機能が付いているものも多くありますが、付いていない場合はアルミトレーやアルミホイルを敷くと冷凍にかかる時間を短縮することができます。温かい状態で保存すると、他の食材を傷めてしまうので注意して下さい。

解凍するコツ

ご飯は凍ったままで加熱する

ご飯をラップから取り出して皿に入れ、ラップをかけます。この時のラップは冷凍に使っていたもので大丈夫です。レンジに入れる少し前に常温に置いておくと美味しく解凍できます。うっすらラップの表面に水滴が付いたらレンジへ入れましょう。時間がない時は、ご飯の表面に少し水滴を付けてレンジへ入れましょう。水分があることですばやく温度が上がり、短い時間での解凍が可能になります。レンジの解凍の機能は使わずに通常加熱することがポイントです。

途中でほぐす

2~3分加熱した後、一度ご飯をほぐしましょう。電子レンジは中心部分が早く加熱されるようになっています。途中でほぐすことで、ご飯を均等に温めることが出来ます。また、炊きたてのご飯と違って、冷凍したご飯を再加熱すると水分が蒸発しやすい状態になってしまうので、その結果、固くパサパサした食感になってしまいます。レンジから出したら、すぐに食べましょう。

保存期間

いくらいい状態で保存しても、冷凍したらやはり劣化が進むもの。1週間程でなるべく早く食べきるようにしましょう

いかがでしょうか?ご飯は余ってしまっても急速冷凍、急速加熱のコツさえ押さえておけば美味しく食べることができます。ぜひチェックしてみて下さい。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP