卵って冷凍できる?できない?冷凍卵を試してみた

冷凍保存は、食材をより長持ちさせて保存できるので、非常に便利ですよね。お肉・魚・加工食品など様々なものを冷凍で保存することができますが、最近話題なのが「冷凍卵」です。卵は本当に冷凍で保存できるのでしょうか?
そして美味しさはどうなのか?実際に冷凍卵を作って、試してみました。

卵は冷凍できるのか

卵には豊富なたんぱく質が含まれていて、健康効果もばっちりです。しかし生ものなので、賞味期限が早いのがデメリットですね。まとめ買いしても、腐らしてしまう人も多いのではないでしょうか。
そんなときに便利なのが、冷凍保存です。

実は卵も冷凍で保存することができます美味しさは新鮮なものと比べると劣りますが、栄養価も保たれて、調理する分には問題ありません

卵はどうやって冷凍するの?

冷凍卵

卵の殻のままでも、割った状態でもどちらでも大丈夫です。卵を割って冷凍する際は容器に割ってから冷凍庫に入れましょう。解凍方法は自然解凍でOKです。

冷凍状態だと白身が固まって全体が白っぽいのですが、解凍するうちに黄身も出てくるので安心してください。殻のまま冷凍した場合は、冷凍のままで殻を剥いてみましょう。今まで見たことのない生卵の状態になり、面白いですよ。

 

今流行の冷凍卵の美味しい食べ方

卵は一度冷凍すると、水分が抜けます。主に卵の黄身の部分の水分が約20%も抜けるようです。これにより、卵の黄身がより濃厚になり、とろけるような食感になるのだそう。

卵の旨みだけが凝縮された味わいになって、生卵では味わうことのできないものになります。ですので、冷凍卵は半生の状態で食べるのがおすすめです。

冷凍卵

冷凍卵の殻を剥き、自然解凍でトロトロになるまで待ちます。
そのまま温かいご飯に乗せて、醤油をたらすだけでとても美味しい卵かけご飯の出来上がりです。

いつもより濃厚でトロトロの卵かけご飯になって、やみつきになること間違いナシです。
他にも、温泉卵にしたり、どんぶりや麺類の汁にひたして食べても美味しいですね。
冷凍卵は1つあると、食事がより美味しくなるので常に凍らせておくと安心です。

冷凍卵を作る際の注意点

冷凍卵

冷凍卵を作る際には、必ず生卵の状態で凍らせましょう調理したり、ゆで卵の状態だと菌が発生して、食べられなくなってしまいます。また、冷凍卵を解凍したらなるべく早めに食べるのがベスト。冷凍卵は普通の卵よりも菌が湧きやすいので、なるべく早めに食べましょう。

そして冷凍庫に卵を入れる際には、袋に入れておくのがおすすめです。冷凍卵は、冷凍される途中で卵の殻にヒビが入ることがあります。割れて中身がとろけ出すことはありませんが、念のためにジップロックなどに入れてから保存するのがいいかもしれません。
冷凍庫の中で細菌が付くのもよくないので、他の食材と触れないようにするのも大切です。

卵好きならぜひ一度は試したい冷凍卵。簡単にできますので、あなたも冷凍卵の美味しさを味わってみてください。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP