風邪薬とアルコール(お酒)は危険!飲んでも平気な時間の間隔は?

お酒を飲んでしまった後に薬を飲んでいないと気が付くと、そのまま薬を飲んでも大丈夫なのかどうか少し不安になりますよね。実際アルコールと風邪薬は一緒に飲むのは危険です。

それじゃあアルコールを摂取する前後には、どのくらい時間の間隔を空ければ大丈夫なのでしょうか?風邪薬とアルコールの関係を調べて見たので良かったら参考にどうぞ。

風邪薬とアルコール飲み合わせの危険性について

アルコールを体内に取り込むと、その摂取量に比例して中性神経抑制作用が増強します。

それで、どのような事になるかというと、眠気や精神運動機能低下など薬の副作用が強く出てしまったり、逆に全く薬の効果が得られなくなってしまう事があります。

どのような症状が出るかはその人の体質によって異なるのですが、普段からお酒を飲む習慣がある方は薬の効果が感じられなくなる事が多いそうです。

 

薬の副作用が強く出てしまった場合は、酷くなると意識障害や呼吸困難に奇異行動など、他にも様々な危険症状を引き起こしてしまいます。

また運動機能が著しく低下してしまいますので、転倒を起こして骨折など怪我をしてしまう可能性も高くなります。

アルコールと薬の同時服用が原因で、死亡事故につながってしまったケースも多々あるので、お酒と風邪薬は絶対に一緒に飲まないようにしましょう。

どのくらい時間の感覚をあければ大丈夫なの?

薬を服用していてアルコールを飲む際に注意する点は、体から完全にアルコールが抜け切っている事と、飲んだ薬の効果が残っていない事です。

なので、服用している薬の効果時間やその人のアルコール耐性によって必要な時間の間隔は異なるので自己判断が必要になります。

お酒を飲むのは基本的に夜の事が多いと思いますので、アルコールを摂取したらその日はもうお薬は服用出来ません。また二日酔いになった場合も服用は危険なので注意しましょう。

 

あと薬の効果時間についてなのですが、1日に薬を飲む回数を見るとどれくらいなのか考えやすいです。

例えば、1日3回使用するお薬の場合は、一般的に効果時間が5時間くらいの事が多いので、お酒を飲む6時間前位に飲めば安心といった風に判断出来ますね。

ちなみに1日の服用回数が少ない薬ほど効果時間が長いので、1日1回の薬を服用したのならその日はお酒は控えた方がいいかもしれません。(※あくまで基準なので使用している薬をしっかり確認しましょう)

最後に

体調が悪い時に飲み会に無理して参加する事もあると思いますが、その際は風邪薬だけでなく薬は基本的に危険なので注意して下さいね。本当は参加しないのが一番なのですが…。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

こちらの調べものもいかがですか?

“風邪薬とアルコール(お酒)は危険!飲んでも平気な時間の間隔は?” への1件のフィードバック

  1. sakuara より:

    マーベロン㉘薬をお酒の後でも飲めますか?

コメントを残す

TOP