ちらし寿司をひな祭りに食べるのはなぜ?由来や具の意味について

お寿司の元を使えば誰でも簡単に作れるちらし寿司!(笑) ひな祭りの定番な食べ物の1つですね。

お寿司が好きな私はちらし寿司が毎年楽しみたっだのですが、それと同時に「何でひな祭りにちらし寿司?」って不思議に思ってました。女の子の祭りなら女の子が好む甘いお菓子が方が良いですもんね。

気になったのでちらし寿司をひな祭りに食べる理由をしらべてみました。興味がある方は良かったら参考にしてみて下さい。

ちらし寿司の由来・歴史について

ちらし寿司が生まれた由来ついては色々な説があるのですが、ここでは一番メジャーである一汁一采令の説を紹介しておきますね。

1664年に備前(今は岡山県)で大洪水があったのですが、その当時の藩主である池田光政公はいち早く災害から復旧する為に、『一汁一采令』という汁物一品と副食一品以外を禁止する倹約令を出しました。

この倹約令により庶民の食生活は質素なものになりますが、そんな中なんとか美味しいものを食べたいと誕生したのがちらし寿司です。

 

ご飯の桶の底に出来る限りの具材を敷き食べる直前で桶をひっくり返す。庶民はこの混ぜご飯で小さな幸福を噛みしめて苦境を乗り越えたのですが、その時の混ぜご飯が現在のちらし寿司の原型になったと言われています。

混ぜご飯(ちらし寿司)は藩令的にはいけないコトでしたが、池田の藩主にはこうした庶民の遊びに寛容の人が多かったので、暗黙の了解で許されていたみたいですよ。

ちらし寿司をひな祭りに食べる様になったのは何で?

ちらし寿司がひな祭りに食べられるようのなった起源は、ひな祭りの風習が根付き始めた平安時代頃からと言われています。

と言っても、その当時はちらし寿司ではなく、海老と菜の花を具として使ったなれ寿司が使われていました。(※なれ寿司はこんなお寿司のこと、今だとサバのイメージが強いですね。)

ひな祭りの際に食べるなれ寿司には海老と菜の花など、色が華やかで具自体に特別な願いが込められた食材が多く使われてました。

しかし、時代の流れと共に見た目がきれいで具沢山なちらし寿司も使われるようになり、長い年月を経て気が付くと『ひな祭り=ちらし寿司』のイメージが定着していたそうですよ。ちらし寿司はなれ寿司の立場を乗っ取ってしまったのです。(笑)

ちらし寿司の具に込められた意味

ちらし寿司そのものに何か意味が込められているわけではないですが、縁起の良い具が沢山使われとてもありがたい食べ物なんです。

ちらし寿司の具は地方によって異なったりもしますが、本記事ではよく使われている代表的な3つの具の意味を紹介しておきますね。

1.海老
長生きが出来る様にと願いが込められています。海老の様に腰が曲がるまで丈夫でいられるという意味だそうですよ。ちなみに、海老の赤色は魔よけいの色とも言われています。

2.豆
仕事が上手くいく様にと願いが込められています。「健康にマメに働く」というごろ合わせです。

3.レンコン
先見が上手く出来るようにと願いが込められています。穴が開いたレンコンは穴から先のことを見通せる!このような意味から願いがきているそうです。

 

これら以外にも、今後の成長を願った芽を出す野菜や木の枝のおひたしや、願いがかなうと言われているハマグリやアサリの貝類など、縁起が良い具がまだまだ沢山使われているんですよ。

ちらし寿司は見た目が鮮やかなだけではなく本当にありがたい食べ物なので、ぜひ子供の為に用意してあげましょう^^ お菓子も忘れずに(笑)

最後に

最後にちょっとした雑学を。実は6月27日ってちらし寿司の日と言われているんです。

ちらし寿司の誕生のきっかけとなった藩令『一汁一采令』。この藩令を出した池田光政の命日が6月27日なので、それにちなんでちらし寿司の日が制定されたそうですよ。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

“ちらし寿司をひな祭りに食べるのはなぜ?由来や具の意味について” への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    大変役に立ちました。知らずに作って食べていいたのが、今度はもっとありがたく食べられそうです。ありがとうございました。

  2. ぶりすめ より:

    役に立ちました
    夏休みのレポートの宿題に利用させていただこうと思います
    ありがとうございました

  3. 8845 より:

    勉強になります。

コメントを残す

TOP