世界三大珍味は本当に美味しいのか?調べてみた

世界三大珍味の「トリュフ」「フォアグラ」「キャビア」。どれも日本人にはあまりお目にかかる機会の少ない食材で、実は食べたことがない、という人も少なくないでしょう。その世界三大珍味は、果たして本当に美味しいのでしょうか?その味を、ひとつずつ調べてみました。

トリュフ・フォアグラ・キャビアどれも希少価値のある食材

キャビア 世界三大珍味と呼ばれる理由は、希少価値にもあります。トリュフは最高級のキノコのことです。おそらく世界で一番希少価値のあるキノコではないでしょうか。

フォアグラはガチョウやカモの肝臓です。フランスではご馳走のイメージが強く、特別な日に調理されることが多いようです。フォアグラは、強制的にたくさんの餌を与え続けたガチョウやカモの肝臓で、膨大に膨れ上がったものの方が美味しいと言われています。

そしてキャビアはサメの卵です。新鮮なサメの卵を塩漬けしたものを言います。主にヨーロッパで生産されますが、日本でも生産しているところがあります。

どれもが希少価値のある食材で、簡単に生産できるものではありません。世界三大珍味というくらいなので、やはり簡単には買うことができません。お値段も高額で、一般的に家庭で出てくるような食材ではありませんよね。希少価値が高い…これも、世界三大珍味と呼ばれる大きな理由と言えそうです。

世界三大珍味は美味しい?

フォアグラ

では、世界三大珍味は本当に美味しいのでしょうか?実は、これには様々な意見があります。

世界三大珍味というのは、日本人にはあまり馴染みのない食材なのです。というのも、日本料理にはほとんど使われない食材だからです。日本食を好む私たちの口にはなかなか合わない…ということもあります。

世界三大珍味は、美味しく調理されてこそ、その美味しさが際立つものです。プロの料理人の腕にかかって、はじめて高級料理の価値が付きます。

美味しく調理された世界三大珍味はやはり美味しいですし、その味は格別です。日本食とはまた違った味わいがあり、上品さがあります。親しみのない私たちはその美味しさに慣れるまで、「美味しい」とならないかもしれませんが、その高級さや上品さは感じられるはずです。

日本の調理方法には基本的に合わない

世界三大珍味は、欧州で定められているので、そもそも日本食の調理方法には合いません。基本的に日本の食材ではないので、私たちにはあまり馴染みがないのも仕方ありません。

自分達で調理するのはさすがに難しいので、日本でも世界三大珍味を美味しくいただけるお店に足を運んでみましょう。フォアグラのソテーは深みがあって美味しいですし、トリュフも香りが濃厚です。
キャビアも、美味しいものはサラダなんかに和えても美味しくいただけます。まだ食べたことのない人は、せっかくですから一度くらいは世界三大珍味を味わってみましょう。日本食にはない味を体験することができるはずです。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP