キャベツの正しい保存方法を知って長持ちさせよう

幅広い調理法でいろいろな食べ方ができるキャベツビタミンC食物繊維が豊富に入っているほか、キャベツ特有のビタミンUも多く含んでいて、健康維持のためにも適した食材です。ただ、まるごと1個だと量が多いため、なかなか1度では食べきれません。最後まで美味しく使い切るために、ここではキャベツの上手な保存方法を紹介していきます

まるごと保存

キャベツキャベツは涼しい気候を好むため、低温での保存に適しています基本的には冷蔵庫で保存しましょう

まるごと保存の方法は、まず、キャベツの芯の部分をくり抜き、脱脂綿やキッチンペーパーを濡らして詰め込みます。その後、軽く濡らした新聞紙などで包み、芯の部分を下にして、袋に入れて保存します。この時、袋は密封せずに軽く口を締める程度にしましょう。

保存期間はだいたい2週間程、長くて1か月くらい保存が可能です。使う時には外側から1枚ずつはがして使いましょう。

どうしても時間がなかったり面倒な時には、水で洗って水気が残る程度に軽く水を切り、袋に入れて保存するだけでも、鮮度が長持ちするようです。使う時には再度水洗いをしましょう。

カットされている場合の保存

スーパーなどで1/2、1/4などでカットされている方も多いかと思います。そのままでも良いですが、長持ちさせるためにはラップを外して軽く濡らした新聞紙などで包み、保存しましょう。カットした部分はすぐに酸化して黒ずんできます。その部分は切り取って使いましょう。保存期間は1週間程です。

カットして保存

ざく切り

切ったキャベツを冷水に1~2分入れた後によく水気を切ってから冷凍しましょう。この時、金属製のバットやトレイに乗せると早く冷凍できます。凍ったら保存用の袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。保存期間は1~2週間程です。

千切り

キャベツの千切りは空気に触れる部分が多く、すぐに酸化して変色してしまうので保存には適していないです。見た目も悪くなりますし、味も落ちるので早めに食べた方が良いでしょう。ただどうしても保存したい場合は冷蔵庫での保存になります。酸化の防止に千切りした後にレモンや酢を少し混ぜ合わせて保存すると、変色をすこし防げます
ボールなどに入れて水に浸しておくとある程度は鮮度が保たれますが、水は毎日変えるようにしましょう。保存期間は2~3日です。

茹でて保存

カットしたキャベツを熱湯で15秒程茹でた後、冷水に浸けて色止めをして水気をしっかり絞ります。その後はラップなどに包み、冷凍庫で保存しましょう。保存期間は1~2週間程です。

まとめ

キャベツは保存が効きますが、日にちが経つとやはり鮮度が落ちます。腐ったにおいがしたり、液体が出ている場合、食べない方が良いでしょう。ただ、表面が紫色になる場合、これはキャベツのアントシアニンという成分が出て来たものです。食べても問題はなく、むしろ甘みがまして美味しく食べることが出来ます。保存の工夫をして、ぜひ美味しい状態で食べて下さいね。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP