ごぼうのあく抜きは不要だった!?あく抜きの必要性を調べてみた!

食物繊維が豊富で様々な健康効果があると言われているごぼう。調理の前にはあく抜きをするのが一般的ですが、実はあく抜きによって栄養素が失われてしまうそうですよ!

今回の記事ではごぼうのあく抜きについて調べてみたしたので、興味がある方は良かったら参考にしてみて下さい。

何でごぼうはあく抜きをするの?

ごぼうのあく抜きが一般的に行われるようになったのは、料理店などでごぼうの色の変色や酸化で見た目が悪くなるのを防ぐために、酢を入れた水に浸けられている作業が家庭に広まったからと言われています。

ちなみに、今の一般的な家庭だとごぼうのあく抜きは、皮をむき酢水に漬ける作業を指す事が多いです。

【ごぼうのあく抜きの様子】

あく抜きで栄養素が失われる!?

ごぼうを酢水に漬けると臭みが取れて見た目も良くなるのですが、同時に失われてしまう栄養素があります。

ごぼうを酢水につけてしばらくすると茶色くなりますよね。実はあれは汚れではなく健康成分のポリフェノールだったんです!

ポリフェノールには抗酸化作用という効果があるのですが、この作用はシワ,シミ,たるみから肌を守ってくれます。つまり、老化を防いで肌を若く保つ美容効果が得られるのです。

あと、あく抜きを行う際に一緒に剥いてしまうごぼうの皮ですが、これにもカリウム,イヌリン,サポニンなど様々な栄養素が含まれています。

じゃあ、あく抜きはしない方が良いの?

あく抜きをしない方が摂取出来る栄養素は多くなります。栄養面だけで見るのならあく抜きはしない方が良いでしょう。

ですが、あく抜きをしないと苦みが強くて食べ辛かったり、一緒に調理している材料がごぼうの色素で黒くなってしまって、料理の見た目が悪くなってしまう事もあります。

どっちが良いかの判断は人それぞれなのですが、ブログ管理人の個人的意見としては中途半端が1番です。

水でサッと洗う位ならポリフェノールが落ちる心配はないようですし、皮は若干残す程度にしておけば硬さは少し感じるかもしれませんが、強い違和感を感じるわけではないし栄養素も少し残す事が出来ます。

なので、色々と洗い方や皮の剥き方の加減を試してみて、自分はどの位ごぼうの下準備をするのかの基準を探してみると良いと思いますよ。

最後に

最近知ったのですが今ごぼう茶って結構流行っているみたいですね。便秘解消に効果的だと意外と評判が良いみたいですよ。ごぼう茶についての記事も書いてみたので気になる方はどうぞ。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら幸いです。

こちらの調べものもいかがですか?

“ごぼうのあく抜きは不要だった!?あく抜きの必要性を調べてみた!” への1件のフィードバック

  1. 牽牛星 より:

    調べてみたした→調べてみました

コメントを残す

TOP