頭痛薬で人気のバファリンの副作用にはどんなものがある?

誰もが経験する頭痛。症状の重さは人それぞれですが、薬を服用しないといけないほど、重症の人も多いですよね。寝不足の人や仕事が忙しい人。女性の方で生理痛が酷い人。元々頭痛持ちの人。日常生活にも影響するような頭痛には、確かに頭痛薬が便利なこともあるでしょう。しかし、薬はなんでもそうですが、使いすぎるとさまざまな悪影響も心配されます。また副作用などもありますので、注意が必要です。

市販の頭痛薬で人気のバファリン

バファリンは誰もが知っているとても有名な痛み止めです。たくさんある市販薬のなかでも、バファリンは扱いやすく、効果も高いとして人気を集めています。すでに使っている、という人もたくさんいますよね。

バファリンは頭痛以外にも効く痛み止めの薬です。頭痛以外にも生理痛や筋肉痛、歯の痛み、関節痛などにも効きます。また風邪の初期症状にも効くようで、悪寒や微熱など、風邪のひき始めの症状にも効果があるとされています。

ですので家庭に1箱あれば安心、というようなイメージもありますよね。確かに効果は高く、バファリンを飲めば痛みがひいたという人がほとんどです。昔と変わらない成分で、今でも多くの人に親しまれてる薬なのですね。

錠剤

副作用は眠気だけでなく、めまいや嘔吐も

では、そんあ便利な薬バファリンの副作用を見てみましょう。

バファリンの副作用で有名なのは、眠気です。経験された方も多いのではないでしょうか。バファリンは痛みや風邪の症状に効果が高いのですが、その分眠くなるという副作用も発生します。休みの日ならいいのですが、仕事中や運転中は気をつけないといけませんね

そして、実はバファリンにはこれ以外にも副作用があるのです。特に多いのが、めまいや嘔吐。せっかく痛みをなくしても、それによってめまいや嘔吐の症状が現れるのは辛いですね。バファリンの薬が胃の中で反応し、胃が痛くなる人も中にはいるようです。
嘔吐
また、便秘や下痢気味になる人も。薬が強すぎて、消化機能に影響が出るのですね。この副作用も、辛いものです。眠気くらいならなんとかなりそうですが、これらの副作用はまた違う体の不調を作ることになり、バファリンの使用には少し注意が必要かもしれません。

便利な薬だが、使いすぎには注意。

こういった副作用があると聞くと、なんだか使うのがこわくなってしまいますよね。しかし、全ての人にこれらの副作用が発生するわけではありません。ですので、どうしても…というときにはうまく活用しましょう。バファリンの効果は高いので、ここぞというときにはとても便利な薬になります。

ただし、使いすぎには注意が必要です。薬は体が慣れてしまうと、薬がなくては生活できない体になってしまいます。自然治癒力を弱めることにもなるので、バファリンに限らず薬の使いすぎには気をつけましょう。気になる人は、病院で医師に相談してみてもいいですね。

便利なバファリンですが、副作用があるということも理解した上で上手に使用しましょう。

こちらの調べものもいかがですか?

コメントを残す

TOP