寝起きの体温って高いの?それとも低いの?平熱を測る時間帯について

体温って測る時間によって少し変動するので、いつ計測すれば良いのか気になっている方も多いと思います。

私も以前から気になっていたので、人の体温について調べてみました。寝起きや食後など時間帯による変化について紹介していますので、気になる方は良かったら参考にしてみて下さい。

寝起きの体温について

まずは記事タイトルである寝起きの体温についてです。体温は朝起きた時に測る事が多いので気になりますよね。

結論から言いますと、寝起きに体温を測ると低くなります。基本的に人間は睡眠時に体温が下がるようになっているため、寝起きだと体温が上がりきっておらず平熱より低い状態になっています。

ちなみに、寝起きが悪い人は起きてすぐに体温を上げる事が苦手な低体温症(平熱36.2℃以下)である事が多いみたいです。確かに寒いと布団から出たくありませんもんね^_^;

あと、布団から出ていない状態でも、起きてから少し経てば体温は上昇するので、体温を測るために無理に布団から出なくても大丈夫ですよ。

 

時間帯による体温の変化について

人は風邪など病気になっていなくても、時間帯によって体温は変化します。

朝に起きていて夜に眠る一般的な生活をしていれば、体温は早朝は低くて夕方になると高くなるようです。そして、1日の体温の差はほぼ1℃以内です。

これを知って「自分はどうなのかな?」と気になったので、実験で起きてから寝るまでの体温を2時間毎に測ってみました。参考になるか分かりませんが一応結果を載せておきますね。

 

【当ブログ管理人(男:22歳)の体温】

時間 体温
08:00(朝ご飯前) 36.5℃
10:00 36.7℃
12:00(昼食前) 36.7℃
14:00 36.9℃
16:00 36.7℃
18:00(夕食前) 36.8℃
20:00(夕食後) 36.9℃
22:00(入浴した後なので高めです) 37.2℃

入浴の後以外は大きな変化はみられませんでしたが、ごく僅かでありますが、朝よりも夜の方が体温が高くなりました。

ご飯前とか後とか記入しているのは、食事をした後だと体温が上がってしまうからです。これも微妙ですが、食後に少しだけ体温が上昇していますね。

平熱の測り方について

人間の体温は時間帯で変化するので、1回だけ体温を測って平熱を判断する事は難しいです。なので、時間帯の平熱を確認すると正確に判断が出来ます。

起床時、昼食前、夕食前、就寝前の平熱を覚えておくと自分の平熱の基準が分かるようになれます。

あと、赤ちゃんや高齢者は季節によって平熱が変わったりするので、気になる方は小まめに確認すると良いと思います。当たり前ですが、夏は高く冬は低くなりやすいみたいですよ。

 

最後に

日本人の7割は体温が36.6℃~37.2℃の間です。なので、37℃くらいなら風邪ではなく平熱みたいですね。ちなみに日本人の平均平熱は36.89℃です。

私は平熱が36.8℃なので結構高めだと思っていましたがそんな事はなかったようです。それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの調べものもいかがですか?

“寝起きの体温って高いの?それとも低いの?平熱を測る時間帯について” への5件のフィードバック

  1. azuking より:

    こんにちは

    あなたは体温は、口と脇どちらではかってますか?
    それによっても1度前後差が出るそうです。
    一口に体温や平熱と言ってもどちらの計り方で、どの時間帯かにもよるし難しいですね。

  2. kaya より:

    azuking さんの仰る通り計測環境によって体温は大きく変化するので、毎回使用する体温計や計測する時間が異なると判断が難しいですね。日本人の平均体温のデータも全て同じ計測環境で測定されたかは分かりませんし・・・。

    なので、平熱を判断する際は時間帯毎の体温を同じ計測方法ではかるのが良いと思います。管理人はよくある一般的な長いタイプの体温計を使用して脇で体温をはかりました。

  3. maroni89006 より:

    今まで37度超えた辺りで
    学校休んでましたわww

  4. みみみ より:

    だるいです
    私は寝起きでも熱が高かったです!
    平熱は35.2位のはずなのですが‥上がったんですかね?平熱

  5. 匿名 より:

    えーーーー

コメントを残す

TOP